« 6L6族PPアンプ⑯ 電源部まで完成 | トップページ | 6L6族PPアンプ⑰ 出力段まで完了 »

2014年12月26日 (金)

頓挫しているCRイコライザ

今年の春、今は亡き宍戸公一さんのイコライザに挑戦した。

6DJ8に10mA以上もの電流を流す弩級品のCR型イコライ


ザ。。これが見事に失敗した。

私はCR型イコライザは過去何台か製作して、オークションでも出品したことがある。通常の12AX7を使用した物だったが何の問題もなく、RIAA偏差もばっちりだった。

この経験から宍戸氏の回路もすんなりできるだろうと踏んでいた。

ところが惨敗だった。高をくくっていた。

6DJ8は不安定な球で私は好きではない。ノイズは出やすいし、周波数特性もすんなりとはいかない。フリッカーも出る。ただし音はきれいだ。

これに大電流を流すなんてやはり無理がある。悪戦苦闘の中、イコライザ段の出力波形をみようと、オシロをつないだ。入力に何も入れてない状態で、オシロの基線をみると、これがまっすぐな直線ではない。

よくよく拡大すると、小さな正弦波が小刻みに基線に乗っている。要は入力0でもすでに発振していたのだ。

グリッド電流が大量に流れていたと思われる。本当に宍戸さんはあの回路で組み立ててレコードを聴いたのだろうか。あの動作条件は通常の6DJ8の直線からかなり外れたところで設定されている。この範囲で使うと直線性がよい、ということだった。

私のアンプ内部のレイアウト設計がまずかったのだろうか。

とにかく私はさじを投げた。

 現在プリアンプはSRPP1段増幅のラインアンプとなっている。これがとてもいい音を出してくれる。

Img_1788


Img_1789

このプリにイコライザがあったらなあと。そこでこの年末年始で再度イコライザを組み立てようと思う。6DJ8はそのまま使う。なんとしてもねじ伏せて言うことをきかせないと、私の気が済まない。

ただし大電流はやめる。私には実力不足だ。2mA程度でいく。

よし、このプリアンプもやっと一人前にしてやろう。つまみも鍋蓋タイプの購入なやつに変えてやって、VUメーターも触れるようにしてやろう。

« 6L6族PPアンプ⑯ 電源部まで完成 | トップページ | 6L6族PPアンプ⑰ 出力段まで完了 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

団塊28号さん

コメントありがとうございます。Yahooブログを拝見させていただきました。
 一見して私の失敗原因がわかりました。実装形状ですね。団塊28号さんのレイアウトは宍戸氏のアンプに忠実です。

一方の私のイコライザは、オリジナルを無視した、イコライザ素子も球から離して長々と引き回したもの。

 やはり習作はオリジナルのコピーが基本なのですね。パーツは足直付けが必須と思われます。これじゃ発振してくれといわんばかりのレイアウトでした。

現在のシャーシで再組立てが可能か検討してみます。
音は静かだということでしたが、現在はどうでしょうか。

確かにCR型はどうやってもSN比はよくないですが、スクラッチノイズの小ささや素直さでは、NF型より好きです。

ブログに書かれていた「アンプの名人」とは私のことでしょうか。名人と呼ばれるほど技術力がありません。イコライザで失敗するような人間は名人には遠く及ばないと思います。

今回は助言ありがとうございました。再度検討します。ブログもずっと拝見させていただきます。お気に入りに入れました。今後ともよろしくお願いいたします。

トニー

いつも読ませていただいています。

トニーさんに誘発されて挑戦してみました。
大昔から気になっていた宍戸公一さんの回路です。

見た目よりも機能優先で、CRもできるだけ真空管の足に直付けです。
何とか正常に、使える範囲で動いているようです。

Yahhoブログに経過を書いています。「まったりB級オーディオ」で検索してみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58380310

この記事へのトラックバック一覧です: 頓挫しているCRイコライザ:

« 6L6族PPアンプ⑯ 電源部まで完成 | トップページ | 6L6族PPアンプ⑰ 出力段まで完了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ