« スピーカーケーブルを換えてみました | トップページ | お義姉さんちから帰ってきたアンプ »

2014年10月 6日 (月)

大型トランス

こつこつ仕事を片付けて行ったら、半分は終わりました。

とにかく、着手すること。これがなかなかできないのですが。最近このモチベーションが下がっているときの克服方法を考えました。

要は目の前にある、壁あるいは川を飛び越えなければならないのです。それにはやはり助走が必要です。

気持ちを高めておいて、一気にとりかかること。気持ちをたかめるのを一種の儀式のようにやってしまうといいようです。

さあまた、10月上旬までに片づけなければならない仕事が残っています。がんばろうっと。それを終わらせないとアンプも作れません。

Img_0764

これを見てください。大型電源トランスたち。一番右はラックスの330mA、真ん中がラックスのA3600キット用の400mA、左がめずらしいサンスイの700mA容量のトランスたちです。

大きさは右のPTから、12×10×コア厚み6.5cm。A3600キット用は外形は同じでコアの厚みが7cm。サンスイは14×11.5×コア厚み7cmです。

うしろの製作中のアンプと大きさを比較してみてください。サンスイのPTはうしろのアンプのOPT2個分あります。

このPTは700mA取り出せます。100W+100Wもらくらくです。これはGE6550PPに使う予定。

A3600キット用は、KT88(JJ社)70W+70Wアンプ用に、そして黒いラックス330mAは300BのPP用(20W+20W)に使います。

そうこの最近、WE300B(88年製)でアンプを作ってオークションに出すことにしました。OPTはダイナコのA431です。聴かない300Bをもっていても可哀想です。ここは一番世間に送り出します。

上記の3台は、6L6GAアンプのあとに製作予定です。この晩秋からお楽しみに。

« スピーカーケーブルを換えてみました | トップページ | お義姉さんちから帰ってきたアンプ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/57588583

この記事へのトラックバック一覧です: 大型トランス:

« スピーカーケーブルを換えてみました | トップページ | お義姉さんちから帰ってきたアンプ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ