« 約束したけれど | トップページ | 既成アンプの中身確認 »

2014年8月31日 (日)

6L6GA PPアンプ① レイアウトから検討スタート

さて、何かを作っていないと不安になってしまう、おかしな私は空白の時間が怖くて、レイアウト検討をしました。

Img_0622


プッシュプルアンプのデザイン(シャーシ上レイウト)は、今まで作ってきたバリエーションから、細かな部分の違いも含めて、6通りです。

ご興味のある方は、私の過去の製作記事(アンプの作り方のカテゴリー)をごらんください。レイアウトのパターンの6種類がお分かりいただけるかと思います。

今回の6L6GAはST-14型と言われる外形で、それほど大きくありません。

6L6族で一番でかいのは6L6Gです。6L6GAは6L6Gを小型化したものですが、電気的規格は同じです。ただ小さいだけ。

写真のレイアウトを見てください。6L6GAは寝ていますが、実際は立ちます。

このレイアウトが合わせカバータイプの出力トランスの見た目も考え、一番しっくりきます。このレイアウトは以前作った6BQ5PPと同じパターンです。

ブロックコンデンサはシャーシ上に出す余地がありません。よってシャーシ内にチューブラー型を使います。

それから、何度も申し上げましたように、6L6族はスクリーングリッド電圧を270V以下にしなければならない物と、それ以上掛けても平気な管種とに別れます。

前者は6L6(メタル管)~6L6GBまで。後者は6L6GC以降のものです。

今回は270V以下の電源が必要となります。MT7ピンの球で6AQ5という、6V6相当の出力管を1本使って、Vsgの定電圧供給回路を作ります。

写真で現在3本のMT管が置いてありますが、その延長上でチョークコイルの横に置きます。

シャーシの大きさは380×240mm程度。出力13W前後のAB級PP、自己バイアス回路とします。

アクロサウンド社のOPTを使いますのでUL接続で美音を狙います。

読者の方だけにお伝えしますが、6L6族の中で音の良いものは、英国STC社の6L6G/CV1947と、この米国製の6L6GAだと思っています。これらはベスト3には入ります。

もう1つ挙げるなら、クリアでパンチの効いたGE社の6L6GCかな。

明日からシャーシの加工に入ります。引き続きお楽しみに。

« 約束したけれど | トップページ | 既成アンプの中身確認 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

KAORUさん こんばんは。6L6GAアンプスタートさせたのですね。

 私は、自分のアンプはすべての6L6族が挿せるようにします。といっても大きな6L6Gが挿せるように、少し横幅を広げるだけですけど。

KAORUさんには木工技がありましたね。木材に彫刻などできれば、またぐっと価値が上がるのでしょうけど。私がそれをやると、どうにも小学生の図工になりそうでいけません。

 神様のアンプの件ですが、落札された方は後悔してるんじゃないかなと、ふと考えるのです。

 まあ、財力的に何の問題もなければ、それまでですけど。

お互いアンプ作り頑張りましょう。きっと私はベタ遅れになりそうな気がします。

トニーさんこんばんわ。

リクエストに答えて頂きありがとうございます。
座談会のなかで故浅野勇さんが好きな球と言ってました。私もST-14の6L6GAがかわいらしくらて好きです。
しかし、神様が作ったアンプの落札価格には驚きました。物の価値は不思議ですね。
ラックスのA3500と同等のアンプがこの価格とは

6L6GAアンプ製作の天板加工は、ほぼ完了です。
木枠加工を製作開始ですが、タモ材は硬く大変です。
イチローのバットと同じ材質です。
前回は藍色の漆(工芸)塗りですが、今回は木目をいかしオイルフィニッユで、、

回路に一抹の不安ありますので、また色々教えて頂ければありがたいです。


ウッチーさん コメントありがとうございます。おっしゃるようにOPTの向きは電源トランスからでる磁束の関係で配慮が必要です。

90°回転しても、電源トランスの向きさえ、配慮しておけば問題がありません。

この記事の写真なら、この電源トランスの向きでOK。OPTを90°回すなら、電源トランスも90°回せばOKです。

さてウッチーさんのおっしゃるように米国6L6GAはきれいな音がしますよね。私が持っているのはシルバニア製ですが、同じシルバニアで6L6GAYというものがあります。音は聴いたことがないのですが、Yがつくと更にグレードがアップするそうです。

一度聴いてみたいものです。WE350Bは、カソードが温まるまで時間がかかります。2分程度は必要です。音は、迫力ある音、300Bを傍熱管にした音がしますよ。

よくWE350Bの代替として英国6L6G/CV1947が紹介されていましたが、音は全く別物です。

この記事のアンプ、今悩んでいます。すべての6L6族が挿せるようにしようかなと、考え始めています。

トニーさん、チョット時差ボケのコメントですみません。

合わせカバーのOPTはこの向きが一番美しいですね。90°回すと見映えがイマイチ。でも磁束を考えると回した方がいいのですか。

6L6GAは私も音が良いと思います。GE他の各種6L6GCと比較試聴した事がありますが、米製6L6GAが一頭抜きん出て音が良かったです。ただこの真空管は中身が見えにくいので少し残念。WE350Bはどういう音なのでしょう。絶対に買えませんけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/57233437

この記事へのトラックバック一覧です: 6L6GA PPアンプ① レイアウトから検討スタート:

« 約束したけれど | トップページ | 既成アンプの中身確認 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ