« やっと17日からお休みです | トップページ | 305Dアンプ ⑩ とりあえず完成しました »

2014年8月17日 (日)

すべるように

305Dアンプの製作を再スタートさせました。

実は、出力管の直流点火のための整流回路からフィラメントまでの配線で、手こずっていました。

やっかいなのは、ブリッジダイオードの足に3本の被覆線を一度に半田付けする必要があるから。

加えて狭いところでの作業。今日の午前中、時間をさいて、このあたりの配線の進め方を検討してみました。

結果、半田付け作業もうまくいきました。整流管以外の球を4本挿して、徐々に電圧をあげたところ、ほとんど目論見通りのフィラメント電圧になりました。気持ちのいいこと。

6.3V 3Aのヒーター巻線から、前段球の6.3Vと出力管のフィラメント4.3Vを整流して一度に供給します。巻線の数からしてそうするしかないのです。うまくいって一安心。

アンフェノールのソケットは少しきついのですが、加えて中国製の205Dはピンが太くて挿し込むのに一苦労。ソケット側のピンを工具で広げたりと大変でした。下手をすると球を破壊してしまうおそれもあります。

なんとか挿せました。

Img_0584


やれやれここまでくれば後は楽です。先にSP端子とOPTの二次側まわりの配線を終わらせました。もう困難なところはありません。

作業もすべるように進みます。まるでボートで水面をスイスイ前進するような感じ。

明日は私はオフ。おまけに家族はみな出払います。一気に完成まで持って行きたいと思っています。

« やっと17日からお休みです | トップページ | 305Dアンプ ⑩ とりあえず完成しました »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/57106843

この記事へのトラックバック一覧です: すべるように:

« やっと17日からお休みです | トップページ | 305Dアンプ ⑩ とりあえず完成しました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ