« 305Dアンプ ⑥ 加工レタリング塗装ほぼ完了 | トップページ | 力強い低音が欲しくなったら »

2014年8月 1日 (金)

305Dアンプ ⑦ 部品取り付け完了

今日は、コツコツとトランスや小物部品をとりつけました。

順序はSW,FUSE,SP端子、RCA端子、ボリュームなどの小物を先にとりつけ、重たいトランス類は後です。

トランスの取り付けは、ラチェット式の6角レンチがあれば、とても楽です。

狭いところにネジを取り付けるときは、平ワッシャーやスプリングワッシャーをネジに通さなければなりません。ピンセットがあるとやはり楽です。

トランス類を取り付ける際に、どうしてもシャーシの塗装を少し剥がしてしまいます。アマチュア塗装の限界ですね。

写真をごらんください。モックアップ状態になりました。

出力管205Dは中国製。預かりものです。

Img_0565

正面から。少し見えているトランス類が精悍です。2度クリックして拡大するとわかると思いますが、メーターを固定している3つの黒いマイナスネジ。

ネジのマイナスのみぞは、全てメーターの中心に向けています。こういうこだわりが好きなのです。浅野勇さんに影響されています。


Img_0566

斜めから。なかなか、カチッとしました。レイセオン整流管UX280は背が高いのです。


Img_0568

横から。前段管の6SQ7メタル管がメーターの背面でよく見えません。


Img_0569

背面から。無線機みたいですね。

やっと、実態配線図に取り掛かれます。来週はまた、信州に出張。土日が勝負ですね。

お盆前に完成を目指します。と言っていつも、その通りになったことがないのですが。

ではまた。

« 305Dアンプ ⑥ 加工レタリング塗装ほぼ完了 | トップページ | 力強い低音が欲しくなったら »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

ラーメン卿様

いよいよ配線開始するだけになりました。
昨日長野県から帰宅しました。飛行機が怪しくなったので、長野新幹線、東海新幹線と乗りつぎ7時間かけて、福岡に到着しました。おかげで腰痛が少し出ました。 今日だったら、帰宅は無理だったと思います。

11号の影響は、それほどでもないのですが、まだ
雨が残っています。そちに向かっていますので、雨による災害には十分ご注意ください。

さて、配線なのですが、最近は顧問先の指導も始まり、毎日出かける(サラリーマンには当たり前なのですが)ことが多く、着手に踏み切れていません。もう少しだけお待ちください。

申し訳ありません。

トニーさん こんにちは。台風11号は既に通過しましたか?今、当地をかすめている最中のようで、雨足が強くなってきました。毎回ブログを楽しみに拝見致しております。モックアップ仮組状態の無線機風アンプの面構え、素晴らし過ぎます。本当にガラス工芸品と一体になった産業美術品と思います。正面パネルは勿論ですが、下から二枚目の斜め俯瞰写真は何とも言えない素敵なプロポーションです。トニーさんのご好意に只々感謝を申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/56963420

この記事へのトラックバック一覧です: 305Dアンプ ⑦ 部品取り付け完了:

« 305Dアンプ ⑥ 加工レタリング塗装ほぼ完了 | トップページ | 力強い低音が欲しくなったら »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ