« 仙人のトランス | トップページ | トニー顧問になる »

2014年7月 1日 (火)

ザッケローニ監督

ザッケローニさんが離日されました。何人かの選手やスタッフが見送りにきてくれて、インタビューでは涙ぐんでいたそうです。

 

W杯の結果を受け、ザッケローニ監督を責める意見も耳にします。私は全てザックの責任ではないと思います。

思い起こせば2010年に来日してすぐのころは、ザックジャパンは負け知らずでした。ピークは2012年の頃でしょうか。ザックに育てられ、ビッグクラブと契約して海外に出ていく選手も増え始め、日本の選手自体のレベルが上り調子でした。

あのときの勢いがあれば、W杯ベスト16も夢ではなかったかもしれません。

この最近の日本チームの状態はどうだったでしょうか。遠藤は怪我なのか衰えなのか、出ないことが多く、香川はマンUで使われず当時の切れがありません。本田は病気のこともあり、決して本調子ではありませんでした。

日本にはメッシのようなスーパープレーヤーがいないと私も考えましたが、当時は香川や本田がスーパープレーヤーだったのです。

新生ザックジャパンの頃はコロンビアにも勝ったことがあるのです。

いかにピークを大会時に持ってくるのが大変かよくわかります。選手の調子が悪い中でザックも采配に苦労したと思います。

私は来日当時から、選手一人一人に気をつかい、コミュニケーションを大事にしたザッケローニ監督の功績はすばらしいと思います。なにしろはやい段階でW杯出場を決めたのですから。

すでに後任も決まったようですが、私はザッケローニ監督を評価します。

お疲れ様でした。W杯出場に導いてくれてありがとうございました。

« 仙人のトランス | トップページ | トニー顧問になる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/56664424

この記事へのトラックバック一覧です: ザッケローニ監督:

« 仙人のトランス | トップページ | トニー顧問になる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ