« お友達の息子さん | トップページ | 305Dアンプ ④ 加工塗装進みました »

2014年7月26日 (土)

読者の方が作ったアンプ ③

もうこのシリーズも3回目。

今回は四国にお住いのオッカイポさんが製作された71Aシングルアンプです。

まずは写真をゆっくりごらんください。

Photo

Photo_4


Photo_2

Photo_3

いかがですか。みなさんはどんな印象をお持ちですか。

私は送っていただいたこのアンプの写真をダウンロードして、いきなり見とれてしまいました。

 

 作り手の方の、このアンプに対する思いがようく伝わってきました。大事に、丁寧に、命を吹き込もうと努力したことが。

デザインをみて、時間をかけて熟考したあとに決定したこともわかります。

正面からみると、前段管と出力管が2本ずつ横に並んでいます。RCAの赤玉と直熱管の71A。そのコントラストも印象的ですが、2本の71Aとその後ろの整流管が、また三角形のきれいなコントラストをなしています。

そして角丸のトランス類がバランスよくクリーム色(アイボリー)のシャーシにレイアウトされているのです。

これらを全体的に眺めても、バランスよく、小型ながら自己主張をしている、機能的なアンプになっています。

18年ぶりに、4年がかりで製作されたとのこと。つながるSPはアルテックの601C高能率ユニット。

 

小出力でも結構元気のよい音がすると想像できます。LUXのOPT、SS4B4は1W程度で鳴らしても、うるさいくらいで、きれいな音を奏でると思います。

配線も実に丁寧に処理されています。

 

オッカイポさんは相当な腕前だと推察されます。私の好きなデザイン。小型アンプはこうありたいと思います。

写真の提供ありがとうございました。

« お友達の息子さん | トップページ | 305Dアンプ ④ 加工塗装進みました »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

オッカイポさん

次のアンプは45ですか。いよいよ連続製作体制に入られるのですね。

71Aは300Bにも負けないくらい、音の表情は豊かだと聞いたことがあります。

45はパンチ力でしょうか。また完成したらご連絡ください。

私は実は小型アンプを持ってなくて、夏はほとんどアンプのSWを入れず、イヤフォン系です。

だめですよねこれでは。

71Aあたり、組み立ててみたいですね。いいお手本がありますし。

おはようございます。

トニーさんに過分なる御褒めをいただきまして、舞い上がっております。

メールでも書きましたが、このアンプには、不満点が多々あります。でもトニーさんに、これほど褒めていただいたからには、次回作に不満点への反省を生かせてみようと思います。ブログに載せていただいたことに力を得て、次のアンプの構想を練っています。今回で小出力アンプに味をしめまして、45シングルにしようかなと。

さて、71Aシングルで出力0.75ワットですが、私の使用しているスピーカーは、能率が約100デシベルなので、相当な音量で鳴ります。これまでEL34三結シングルとKT66三結プッシュプルを切り替えて使用していましたが、夏はアンプの発熱に悩まされていました。そんなわけで、今回の71Aシングルは、夏用アンプとして重宝すると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/56905029

この記事へのトラックバック一覧です: 読者の方が作ったアンプ ③:

« お友達の息子さん | トップページ | 305Dアンプ ④ 加工塗装進みました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ