« アンプを自分で作ることの意味 | トップページ | お友達の息子さん »

2014年7月24日 (木)

秋葉原なう

万世橋を渡ったところにあるラジオガアデン。

かつては、パーツ屋が結構入っていたのですが、今は表にジャンクパーツ屋が1件。中にファーストフード店が1件。その横にベーク、アクリル、塩ビなどの材料を置いている、萩原電材いうお店が1件。向かいにベルデン商会というお店が1件。以上4件。

萩原電材はまだやっています。この日も4時半に行くと、シャッターが半分降りていて、レジは閉めたけど、いいですよと。エアコンも付けていません。暑かったのです。

ベーク板の6mm厚みの10×10cmのものを4枚買いました。値段はお好きな値段でどうぞ、端材なのでと。結局1枚100円にしてもらいました。

これで英国製PX4などのUFソケットを作るつもりです。

写真は萩原電材の看板周囲と、奥から写したものの2枚。ベルデン商事はシャッターが降りていて、もうやってないのかも。

Photo

萩原電材はブログを始めたそうです。こちらに活路を見出すのかも。

営業時間もフルタイムではありません。


2

ベルデン商会。きっとベルデンのコードを扱っていたのでしょう。あたりまえか。

ああ、シャッターガアデン。寂しくなりました。

« アンプを自分で作ることの意味 | トップページ | お友達の息子さん »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/56879506

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原なう:

« アンプを自分で作ることの意味 | トップページ | お友達の息子さん »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ