« 過去を振り返って | トップページ | ザッケローニ監督 »

2014年6月30日 (月)

仙人のトランス

今回のDA30アンプのトランスは仙人と言われる個人の方のトランス工房にお願いしました。

結果として、音はすばらしいものでした。

情報量が多い、押し出しが強い、バランスがとれている。音の出方は締まった感じで鳴ります。

先日このアンプに方形波を入れて観察しました。

Img_0517_2

これは1KHzの写真です。とてもきれいで優秀な波形です。できの悪いOPTなら、1KHzからリンギングやオーバーシュートが盛大に出てしまうのですが、一切観測されません。

これが手巻トランスの優秀さです。

未だにオークションではあまり波形のきれいでない、メーカー製のモーター巻OPTが高価で取引されています。これからは仙人の工房「TSMプロダクツ」をせいぜい利用したいと思います。

仙人はオークションでもトランスを出品されています。「手巻トランス」発送は福岡市近郷となっている出品です。このトランスが1万円ちょいならリーズナブルです。

皆さんも是非ご利用下さい。仙人はカスミを食べているわけでもなく、お仕事をされていますので、多数出品されるということでもなく、ときどきの出品なので要チェックです。

今回のこのアンプの出品画像の写真があまりよくなくて少し後悔しています。

下の写真を使えばよかったかなと。

Img_0520

« 過去を振り返って | トップページ | ザッケローニ監督 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

オッカイポさん、是非見せてください。よろしくお願いします。

こんばんは。

トニーさんの素晴らしいアンプに比べ、私のプアーな作品は恥ずかしいのですが、基本的な測定をすませたら、見ていただこうと思います。よろしくお願いします。

オッカイポさん、おはようございます。おっしゃる通り製作は苦労しました。実行面積20cm×10cmのスペースに7本すべての真空管を並べていますので、実装も苦しかったです。揚句にトランスの磁気結合。でも、以前に類似のアンプを作っていたので、楽な部分もありました。
 オークションで他の方が出品されている自作アンプのシャーシ内をみると、ゆったり、のびのびした配線で、うらやましくなることがあります。私のアンプは窮屈すぎます。

 アンプは金目じゃいけませんよね。本当はA&Bやリケノームよりも金被抵抗が好きなのです。スプラグビタミンQよりも松下の1個100円のコンデンサンの方が好きなのです。価格も20分の1なのでハイCPです。でも世間のファンは金満パーツを好むのでそれらを使うこともあるのです。

71Aアンプ抵抗が足らずにstopですか。楽しみですね。見せて欲しいなあ。

おはようございます。

難敵のDA30ついに完成ですね。

コンパクトに組んだ素晴らしいデザインだと思います。ただ、そのために苦労も多かったようですが、真空管アンプは、見た目(金目ではなくて)が大事ですから、完成の喜びは大きいものでしょう。
私の自作歴13台目の71Aシングルは、99%完成しているのですが、部品(抵抗2本)が手元に無いため、小休止中です。今月中旬上京するので、秋葉原で調達して完成させます。

いなさん
初めまして、ご指導ありがとうございます。私はカメラが全然だめなのです。
 確かにその通りにすると、不自然な感じがなくなり、直線がきちんと直線になります。また画質もやや落として撮影してしまったようです。
 今後の参考にいたします。ありがとうございました。

はじめまして。

オクの写真の件、広角レンズで至近距離から撮ると、球の頭部が巨大化してバランスの悪い画になってしまうので、少し遠くから望遠レンズで撮るほうが綺麗に写せますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/56653636

この記事へのトラックバック一覧です: 仙人のトランス:

« 過去を振り返って | トップページ | ザッケローニ監督 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ