« 韓国フェリー事故 | トップページ | DA30シングルアンプ⑤  塗装まで完了 »

2014年4月24日 (木)

組織のもつ危うさ

人は個人としての考えを持っています。大抵の方は人として正しい行動ができる判断力を持っています。

 

 しかしながら、人が組織に属してしまうとその判断に変化が現れます。組織の中でやっていこうとすれば個の考えを抑え込むことも必要とされるからです。

組織には目的があります。その実現のために日頃の自分の考えを封じ込めて、組織の指示に従うことが求められる場合もでてきます。

組織がまちがった方向に進もうとする場合に、ここに組織の危うさがあります。企業は利益を追求します。当然のことです。企業がそのために、正しくない方法を取ろうとしたとき、個人的にはおかしいと思っても、忠誠心という言葉で自分を合理化して、組織のためにその指示に従うことがあります。

 

韓国の今回のフェリーの事故。船の建て増しによる重心の上への移動、積荷の過積載。これらは正しくないことです。でも利益のために船会社はやりました。

電力会社は原発は安全だと、嘘をついたり、都合の悪い情報を隠したり、揚句に事故を起こして放射能を拡散させ、多くの自宅に帰れない方がでてきました。実際放射能汚染にかんしては、現在は殆どデータなどを発表しなくまりました。

もう何年前になるのでしょうか。JR西日本が運転手にスピードを上げろ、私鉄に負けるなと、危険な線路形状になっているコースを猛スピードで走らせ、脱線事故を起こしました。凄惨な事故になり多くの方が亡くなりました。

 

組織がおかしな状態になるには、必ず条件があります。

それは、組織のトップが間違った考えを起こし、それを組織全体に従わせることです。

正しく行動し社会から好感をもたれるのも、あるいは事故や犯罪を犯して白い目で見られるのも、全ては組織のトップ次第なのです。

日本を組織と考えると、そのトップは間違いなく間違った方向へ国民を動かそうとしています。戦前の日本へ戻すこと。また戦争ができるようにしようとしています。

戦争準備の情報は、国民に知らせないために秘密情報保護法案を成立させました。情報を知ろうとした人間を有罪にして逮捕するするのです。こうすることで国民は一層、口や耳が封じられていきます。

 一方、学校では教育内容をより国家のために奉仕することを強化し、愛国教育の推進のために、政治介入を計画しています。

そうして自分に批判的な報道はするなと、情報メディアをチェックし、圧力をかけています。ときには自分の宣伝のためにテレビに出て人気とりをしています。

国際世論を見ても、今の日本のトップの行動を賞賛している国はありません。あるとすれば、あまり日本の国内のことは知らずに、日本のトップのパフォーマンスで援助金の約束をもらっている後進国くらいでしょうか。

日本のトップのやっていることは露骨です。組織がおかしくなりそうになったら、どうすればよいか。

これは簡単です。トップを追放すればよいのです。あなたはもう二度といや三度と出てこなくていいと。

« 韓国フェリー事故 | トップページ | DA30シングルアンプ⑤  塗装まで完了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/55909836

この記事へのトラックバック一覧です: 組織のもつ危うさ:

« 韓国フェリー事故 | トップページ | DA30シングルアンプ⑤  塗装まで完了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ