« DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 | トップページ | 米国 117V トランスのこと »

2014年4月18日 (金)

読者の方が作ったアンプ ②

ラーメン卿さんから、送っていただいた力作のアンプたちの写真。

その中で興味を惹いたのが、赤いシャーシの6GA4シングルアンプ。

Img_0026

なぜ興味を惹いたか。お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。私が作るアンプに似ているからです。

コンパクトで高実装。前面に真空管が並び、その後ろにトランス類がしっかりレイアウトされています。

よく見てください、球もトランスもみな、同じ高さに揃っています。

左からチョークコイル。右に整流管(5AR4?)、その横に6GA4。MT管をはさんでもう1本の6GA4。

MT管を6GA4より前に出すと、全体のレイアウトが崩れます。やはり出力管の間がベストです。

私が同じ材料でレイアウトをしたら、きっと同じレイアウトになると思います。

 但し私はSWが右派なので、ミラー対象になったと思います。

メーターと大きなパイロットランプがお好きなようです。紅い塗装は勇気のない私にはできません。でも決まっています。

紅い色はシャーシが小型だとピシっと決まるようです。大きいとどうでしょうか。

このアンプは出力が小さいせいか、迫力はないが、清澄な音で朗々となるそうです。

 ラーメン卿さんは、6GA4のアンプを3回作られたとのこと。一度目は学生のとき、2度目は10年前、そしてこの3台目は4年前。

 そういえば、わたしもPX4シングルを3度作りました。好きな球は何度となく作りたくなります。

さてラーメン卿さん所有の305Dという球(WE205D類似)を使って、私がシングルアンプを作る運びとなりました。

 ラーメン卿さんにはお伝えしていませんが、もう3台私の製作したアンプを所有されています。

 実は今後もそれが続くのは、ご負担が重いのではないかと考え、最終的なアンプを製作してお届けしようと考えたのです。

« DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 | トップページ | 米国 117V トランスのこと »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/55835938

この記事へのトラックバック一覧です: 読者の方が作ったアンプ ②:

« DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 | トップページ | 米国 117V トランスのこと »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ