« DA30シングルアンプ ① レイアウト | トップページ | DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 »

2014年4月14日 (月)

読者の方の製作アンプ

KAORUさんから、アンプの完成の報告と、ブログにお世話になったとの感謝の言葉を連絡いただきました。

OY36とEL34で3接/UL接続切り替えアンプで30W以上の出力だそうです。

182

左右対称です。位相反転段も出力管の間に配置し、理にかなったレイアウトです。アンプの木枠を青く塗装されています。電流監視メーターも付属。このアンプに注ぎ込まれた熱意が伝わってきます。EL34は太いですね。GE製でしょうか。

後ろにオシロ、発振器、交流電圧計がそろっています。10KHzの方形波は入力されましたでしょうか。その形で周波数特性の概要がつかめます。リークムラード回路でOY36なら、それほどリンギングもでないと思います。

178

シャーシ内。CRも最短配線です。結構製作実績がおありで手慣れています。

V3,V4の白い丸シール、私の影響なら嬉しいです。

179

木枠の製作過程です。メーター用の大きな丸穴。SWシャフト用の穴は、ホールソーで途中まで明けてストップ、貫通穴は小さな穴になっています。

 それから、加工時の木枠固定用に左右からあて木で挟んであります。行程中に治具を使うところはなかなかのレベルです。

102

この工具はシャーシパンチの代わりに、刃を回転させながら大穴を開けるツールでしょうか。なかなかよさそうですね。

今回は、アルミ板の切断法や塗装で、私のブログを参考にしていただいたとのこと。役に立ててとても嬉しいです。

さて音の印象も報告いただけたらと思います。

 

 

« DA30シングルアンプ ① レイアウト | トップページ | DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/55772722

この記事へのトラックバック一覧です: 読者の方の製作アンプ:

« DA30シングルアンプ ① レイアウト | トップページ | DA30シングルアンプ② トランス類の塗装 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ