« CR型イコライザプリ⑭ 加工・レタリング終了しました | トップページ | スクリーングリッド用定電圧回路 »

2014年3月 9日 (日)

整流管とコンデンサー

整流回路に整流管を使うと音が伸びるなどのメリットがあります。

整流管もいろいろで、電流がうんととれるものと、そうでないものもあります。

 整流管はヒーターから高電圧をとりだして、平滑回路入口の電解コンデンサーにつながれます。

ベテランの方はもうご存じですが、このコンデンサーの許容値が真空管によって決まっています。

5AR4などの近代管は47μ程度まで容量を増やしてOK。5U4GBは40μ。

 但し古い5R4Gなどは10μ程度が限度です。これを無視して100μをつなぐと

整流管に多大なラッシュカレントが流れ、寿命が縮まります。

なので整流管を使う時は規格をしらべて、この容量を事前確認しておきましょう。

ちなみに、コンデンサーの容量を増やす時は並列にします。47μ350Vが2個あれば、並列にすると47×2で94μになります。直列にすると半分の23.5μになります。ちょうど抵抗の接続と直並列の計算方法が逆になります。

コンデンサーの並列の場合、耐圧は低い方のコンデンサーの耐圧で考えるべきです。

« CR型イコライザプリ⑭ 加工・レタリング終了しました | トップページ | スクリーングリッド用定電圧回路 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/55299747

この記事へのトラックバック一覧です: 整流管とコンデンサー:

« CR型イコライザプリ⑭ 加工・レタリング終了しました | トップページ | スクリーングリッド用定電圧回路 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ