« CR型イコライザプリ⑤ パネルデザイン決定 | トップページ | 今年をふり返って 2 »

2013年12月21日 (土)

使用済み電子放射性物質

6DJ8を4本使用するプリアンプを作っている。電流を10mA程度、たっぷり流す回路だ。

イコライザに双信のSEコンデンサを使う。これが結構高かった。仕事で樹脂成形の工場に行った。九州南部にある工場でコネクタを作っていた。

そこの工場長が、若いころ双信で生産技術にいた方だった。デイップマイカコンデンサの作り方を教えてもらった。要は箔を巻いてその中に誘電体液を含浸させていくのだが、その量のコントロールがむずかしいとのことだった。その量でコンデンサの容量が決まる。規格値の3%以内に入れなければならない。製品によっては1%以内の要求。

 これを自動化された機械で行うのだからすごい技術だ。

そんな複雑な生産設備を構築した方だから、訪問した工場の樹脂成形機まわりの設備の簡潔さ、FA機器の機能、効率性などはかなりの高いレベルだった。

話が脱線したがそんなコンデンサを使ってイコライザアンプを作る。

頼みの6DJ8を全部持ち出して、アンプの実機でテストをしてみた。パワーアンプ初段に次から次と挿し替えて、ノイズと音をチェックした。

なんとか4本を確保しなければならない。

全部で13本テストして、OKなのは4本ギリギリだった。

オークションで結構な金額で落札した「NEC 通信用」と印刷してある中古の4本。ラジオセンター2Fの山本無線の個人売買用のガラスブースに入っていた、シルバニア製の緑の印字の2本。アンぺレックスの金足の中古などなど。これらはことごとくノイズを出してくれた。サササというものからガサゴソ。キューという音から、果ては線香花火のような音まで。

チューブテスターでgmがGOODでも、だめなものはダメです。

Img_1716

 NGだったものの一部です。私は識別のためにNG管はピンを3本折り曲げることにしています。

さてこのNG品たち。私はまだ真空管を外部に出して処分したことがありません。

かわいそうなので全て手元に置いてあります。しかしながらそろそろ廃棄処分する必要があります。家族に聞いても、ガラスなのか、燃えないゴミなのかわからないと言います。

トイレなき、電子放射性物質のごみ。地震が来て割れても、踏んだりしない限りは「人体にただちに影響はない」ようです。

« CR型イコライザプリ⑤ パネルデザイン決定 | トップページ | 今年をふり返って 2 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/54330562

この記事へのトラックバック一覧です: 使用済み電子放射性物質:

« CR型イコライザプリ⑤ パネルデザイン決定 | トップページ | 今年をふり返って 2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ