« 音量に関するおもしろいこと | トップページ | 虹の彼方に »

2013年9月28日 (土)

JR北海道

JR北海道が脱線事故を起こしました。実は過去からも出火、機械故障とたびたび事故を起こしていました。

今回の脱線事故は、点検を先延ばしにいているうちに、「①失念してしまって長期にわたり無点検状態だった」ことが第一報の原因でした。

 その後、さらに点検時レールが延びた場合の「②限度基準の計算方法に誤りがあった」ことも明らかになりました。さらには「③本社と現場の風通しが悪く、コミュニケーションが希薄であった」ことも報道されました。

本社には「社是」が額縁に入って掲示してあり、お客様を優先に考えることや、安全走行に関する心構えなどが書いてあります。形だけで実態が伴っていなかったということです。

私は上記の①②③を真の原因とは考えていません。これらは二次的原因だと考えています。私の勝手な想像なので正しいかどうかはわかりません。いずれ調査が入って真の原因も報道されると思います。

私の想像の根本原因は以下に示す内容です。

1.国鉄からJRに民営化されたときの、企業としてのマインドが確固たるものでなかった。

 他のJR旅客会社は、黒字路線もあり、民営化の流れの中でさらに利益をだそうという意欲があったと思います。しかし北海道の場合黒字路線はごくわずか。

管内の多くは走行距離・範囲はとてつもなく広いが赤字路線が多く、経営意欲がスタートから希薄ではなかったか。さらには民営化の際に人員削減が実施されており、それでなくても維持管理の人的・時間的キャパが不十分であった。また人員削減の際の、メンテナンス業務の退職者から残った社員への引継ぎが不十分ではなかったか。

 本社は、他のJR旅客会社と同様にスタートは切ったものの本社自身も懐疑的であり、上記の問題を解決することなく、中途半端なスタートとなってしまった。

現場から、この人員ではメンテナンスができないなどの意見も当然上がっていたと思いますが、本社も予算の関係からその声を受け入れなかったのでしょう。

その回答を受けて、現場でのさらなる業務意欲の減退が進んだものと、私は想定します。そうしてついに本社と現場は口をきかなり、社是は絵空事となってしまった。

今後はJR北海道はどう変革をすすめていくのでしょうか。北の果てにある立地の不利はどうしようもありませんが。

「前向きな経営施策と従業員のモチベーション向上」これが最優先課題です。

実は南のJR九州は商売がうまく利益を上げています。土地の買収、住宅建設、駅の新設(札幌や中堅都市近辺では可能性はないでしょうか)。顧客を呼び込むための施策、夢の7つ星の豪華列車の運行。さらには他業種への展開(発電設備の販売など)。

 北海道、頑張ってください。北海道にはすばらしいものがたくさんあるじゃないですか。ヒグマを集めてその中を走る「餌付けサファリ列車」。観光地と連携した列車ツアー、週何本かの寝台列車(何日かかけて北海道を回れるなんて素敵じゃないですか、列車内では1日中バンド演奏ライブなど、ちょっと乱暴だったかもしれませんがアイデアを出しましょう。ためしてダメなら少しづつ改良すればよいことです。

 お金をケチって事故を起こすよりも、知恵を使って利益を出しましょう。知恵を使うのは只です。いい知恵なければ、お金を出して外部の力を借りてもいいと思います。(私を使ってください)

« 音量に関するおもしろいこと | トップページ | 虹の彼方に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/53414692

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道:

« 音量に関するおもしろいこと | トップページ | 虹の彼方に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ