« くされ縁 | トップページ | 足りてるみたいで »

2013年8月 8日 (木)

ハンマートーンとレタリング

最近ハンマートーンで有名な機械。

有名といっても殆どマニアの間でしか知られていないのですがこれです。EMT社のJPA66。

Emt_jpa66

このプリアンプのパネル。みごとなレトロ調のシルバーハンマートーンです。

そもそもハンマートーンとは。ハンマーでコンコン叩いていった時の、金属パネル上の打痕のまだら模様をいいます。トーンとは色調のこと。

よってハンマートーンとは「ハンマーでたたいた色調」のこと。そしてこのプリアンプのパネルの文字は黒です。

El34paint071

今回私が入手したスプレー。実は先達がこのスプレーでのトランスの塗装表面をブログにアップしてくださっています。

これを見ると、もしこのトランスの表面に文字をいれるならやはり白ではなく、黒ですよね。

よし、まず手持ちのグリーンのEL34パラPPアンプのパネルをハンマートーンで行きますか。ぐっと渋くなるんだろうなあ。

みどりよさらば。


« くされ縁 | トップページ | 足りてるみたいで »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ウッチーさんいつもありがとうございます。
 やります、と表明するのは自分を縛るためです。約束してしまうことを意識的にやっています。生来のなまけものなので。

パネルをはずしますから一部分解があります。でも半田こてを使うのは2・3か所くらいで、あとはスパナです。

塗り替えるということは、それほど手間をかけずに、新しい機械がきたような気分に浸れますから、タイム・パフォーマンスが高いですね。

私の中ではしばらくハンマートーンの時代が続きそうです。

アンプのデザインはどうしても似てきますね。ラックスは当初マランツ7を倣ったと言われていますし。でもラックスはひと目見てラックスだという、ブランドイメージは確立しましたね。決してマランツ7が浮かんできません。

トニーさんこんにちは。

さすがB型の人は行動力がありますね。

パネルの塗装変更となると一部分解がありますよね。私なら尻込みしちゃいます。姉妹機のプリもやるのですか。是非ブログにして下さい。

そういえば、オーディオ専家のプリもパネルはハンマートーンでした。VUメーターの位置もEMTと一緒。やはりどうしても似てしまうのですね、落ち着いたデザインにしようとすると。ラックスとアキュのデザインもどうしても似てしまうみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/52800147

この記事へのトラックバック一覧です: ハンマートーンとレタリング:

« くされ縁 | トップページ | 足りてるみたいで »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ