« まとめ買い | トップページ | 6BQ5PP① »

2013年6月23日 (日)

アルテックは2WAYか

「ツイーターは追加せずに2WAYで鳴らすのがベストです。それがアルテックです。」

アルテックをよく知る方々の意見です。

 実は私の511Bホーン(802Dドライバーにつながっている)の前面上部に、フォステクスのT-90Aというツイーターがずっと乗っかっている。接続はされていない。実は過去一度3WAYマルチを試したことがあるのだ。

つい先日、知人のために小型アンプを作ってプレゼントしたのだが、発振を起こして大きなうなりを上げてしまい、戻ってきたアンプがあります。

Img_1055_2

6BM8PP。原因は私が最終の確認を怠り、正帰還になっているのを気づかず、渡してしまったこと。OPTの一次側の配線を入れ替えたら収まりました。

ついでにOPTカバーをグレーに塗装して(現状黒で部分的に剥がれがあった)、個人ブランドのステッカーを貼りドレスアップしてやりました。

以前半導体アンプを組んでたシャーシを流用したので、SWは左側です。

さて、このアンプをツイーター駆動用に接続して再度3WAYマルチで聴いてみました。8KHzのクロスでー12dBです。

中、低の条件はそのままで、高域のアンプを追加して鳴らしてみました。

結果は2WAYのときと比べて、低域の量感が減少してしまいました。低音が上に上がって軽くなり弾む感じに。

 次に低域のゲインを上げました。確かに低域が下に下がりました。

全体の印象は、タイトで情報量が多くなり、さらに静かな感じになったが、押し出すような量感が減退した印象です。

 CDをDACを通して聴いた、ソースの影響かもしれません。変な表現ですがJBLのスピーカーの音に似てきました。

 3WAYを常用とするかは少し迷いがあります。これから夏にかけ暑くなりますし。

真空管のアンプがプリも含めて全部で5台。投入するSWの数は全部で10個です。

また機会をみて調整したいと思います。出戻りアンプは近々また出ていきます。

ところで最近はやりのツイッターとツイーターは同じ語源なのでしょうか。

« まとめ買い | トップページ | 6BQ5PP① »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/52147532

この記事へのトラックバック一覧です: アルテックは2WAYか:

« まとめ買い | トップページ | 6BQ5PP① »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ