« 絶縁抵抗計 | トップページ | 出力トランスを眺めれば »

2013年5月29日 (水)

コンデンサーの音

アンプの段間に入れる、カップリングコンデンサー。

構造、材料、値段より、たくさんの種類があります。管球王国の少し前の号に、コンデンサーの音色比較試聴特集がありました。

私もこの20年くらいでいくつかの種類を使ってみました。

若いころはまだ、耳が敏感で結構音色の聞き分けができたのですが、今は鈍感になってしまいました。

私の知っている範囲内での話です。音で一番気に入った順で言えば、

1位 スプラグ・ビタミンQ @2500~@3000くらい。情報量が多く、柔らかくて木綿の肌触りです。マニアに一番人気があります。でも高価です。

2位以下は何種類かがダンゴ状態です。順不同で言えば、 ①ASC(白)、②ERO(青)、③松下電器ハーメチックシールタイプオイルコンデンサー(灰色)、④スプラグブラックビューティー(黒)、⑤オレンジドロップ(赤)、⑥松下電器箔フィルムコンデンサーECQ-M(茶色) 

音色は①スピード感、情報量あり(マランツの#7の補修用に使われているらしい)、②明るい音・もう製造中止、③緻密で落ち着いた音、古いものなので時折新古でオークションで見かける程度、一般の人はまず使わない、私だけが使ってるみたい。レトロアンプ(6BM8)に使いました④アメリカの音、はっきりした音⑤中庸、ごく普通の音で個性を感じさせない⑥安い@100、素直で伸びのある音、コストパフォーマンスは最高だと思う42PPでも使用。

以上から最近は⑥が多いのです。ガード下のジャンク屋さんでいつも買っています。

« 絶縁抵抗計 | トップページ | 出力トランスを眺めれば »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/51822918

この記事へのトラックバック一覧です: コンデンサーの音:

« 絶縁抵抗計 | トップページ | 出力トランスを眺めれば »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ