« ぽっくりジャンク | トップページ | OY36・KT88アンプ① »

2013年2月21日 (木)

修理前

基本的なお話です。

機械を修理しようと思い立ったときは

①デジカメかメモとペンを用意しましょう。分解前の状態を記録しておくのです。そして

②皿かトレーを用意します。その中に取り外した部品をいれておくためです。

こうしておくと、あれ?前はどうなってたっけ?とか、部品がどこかにいって見つからない!ということが防げます。

私は4本ねじを外すと、必ず1本行方不明になっていましたが、これでしのいでいます。

« ぽっくりジャンク | トップページ | OY36・KT88アンプ① »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ご連絡ありがとうございます。アッテネーターは、純正のものではなく、自作品なのでしょうか。
現在まで、純正品が壊れずに残っているほうが珍しいですね。
ハンダ付けは、何度か練習されるとコツがわかってきますよ。上から溶かして、流しこみ、全体にかぶせて固める感じです。がんばってください。

写真は気が付きませんでした。604E 数年前に片側ネットワーク修理・ダイアフラム交換・エッジ張替えし、かなり高くつきました。お付き合いのあった電気屋さんもやめられ、途方にくれていたところでした。部品(アッテネーター)届いたら、ハンダの練習はじめます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/49549087

この記事へのトラックバック一覧です: 修理前:

« ぽっくりジャンク | トップページ | OY36・KT88アンプ① »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ