« OY36・KT88アンプ③ | トップページ | 術をもっていれば »

2013年2月25日 (月)

かの国のオーディオ屋さん

実は今週は茨城県でお仕事。
   でもって秋葉原で途中下車。在庫が少なくなった、SP端子を買いに、ニュー秋葉原センターの国際ラジオへ。ありました。@100。赤黒合計で20個購入。以前もこの端子の安さを書きました。安いのには訳があります。実はこれとても使い辛いのです。

   まず構造上シャーシの厚さが1.5mm以上ないと取り付けられないのです。薄いと締め付けられないのです。さらには取り付け穴の形が微妙です。穴の形はことばで言えば、直径12mmの穴が基本形で、その穴の周上の一箇所に3mmの穴が、正確には半円が明いている形です。例えれば頭がものすごく小さい雪ダルマのイメージ。

   この半円に端子のでっぱりが入り込み、ストッパーとなります。さてここからが大変。この半円穴、加工ミスして大きめに明けると、穴の一部が、SP端子からはみ出して見えてしまいます。それくらいクリティカルな加工精度が要求されるのです。

   私はこればかり使っていますので、もう慣れてしまいました。手先に自信のある方にはご購入をすすめます。

さて、今回秋葉原で顔を出したいお店がありました。「五麟貿易」ごりんぼうえき、というお店。実はオークションでこの店から小さなシングル用のトランスを買いました。これがとても中高域の伸びがいい。オークションやりとりのメールでワシントンホテル横の茶色いビルの701号室だから寄ってね、とあったのです。

中に入ったらおじさん一人が、アンプや球やトランスに囲まれ奮闘してました。一見して全て中国製だとわかります。彼が聴かせる音楽は、中華風クラシックばかり。ジャズを所望したら、「わたしジャズわからないよ。ジャズと言う音楽とクラシックの区別がつかないよ」

あれま、私が質問。「日本人のお客さんきたか」「はい。きてジャズジャズ言うけど、わからないからジャズないといつもいってる」「だめよ、日本人オーディオファンみなジャズ好きよ。それじゃ商売ならないね」
ラックにあるCD類をみたら全部中華風クラシックでした。
    彼はパソコンでオークションのCDコーナーをあけ「どれジャズか」と、私が「これとこれとこれ落札すべきね」とマイルス、ロリンズ、オスカーピーターソン、ハービーハンコックのを適当に3枚ずつ程度教えてあげました。
   せっかく来てくれた日本のマニアにジャズを聴かせず、中クラ(中華風クラシック)ばかり聴かせても購買意欲は湧かないでしょう。

それから私はこんな話をしました。ある国のオーディオ機器は、その国でよく聴かれる音楽をいちばん綺麗に再生するようにできてる。たしかにこのアンプ達は、中華風のバイオリンや甲高い音の楽器は綺麗に再生されてる、中国の京劇でよくきく音だ。でも日本のファンはジャズや西欧のクラシックを好む。あなたもそういう音楽を聴いて、ニーズを知ることだ。

彼のアンプは良い音がした。6B4Gのシングルアンプが、ダイヤトーンの結構大きなスピーカーを鳴らした。

 トランスは中国深圳にあるラファエルというメーカーのものらしい。実はこのトランスの材料は全て日本のもの。新日鉄の鉄心に昭和電線の巻線らしい。で巻いてる人は中国人。
   

 音を聴いてもしっかりしている。それもそのはず、すでに国内の有名ガレージメーカーのキットに結構前から採用されてる。MJで取り上げて欲しいと頼んでるが、だめだと言われ、取り上げてくれないそうだ。タンゴやタムラを保護するためらしい。そりゃそうだ。
   価格は三分の一。さて私はどうしよう。

帰り際彼が「最近の円安が痛いよ、あなたアンプは?」 「自分で作る、今製作中のはこれね」携帯で写真を見せると

「あんた私と組まないか、シャーシ安くいっぱい作るよ」 「くまないよ。時間ないしアンプ作ってももうからないよ、再見(また来る)」

私は不利な状況にいる人を見るとほっとけない性分なのだ。国産トランスメーカーとっては、私のしたことはよくないことだけど。

« OY36・KT88アンプ③ | トップページ | 術をもっていれば »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ハゼドンさん
いつもありがとうございます。プリはメーターつきのものですか。
 突然ボリュームはだめになるものですね。

 実は私のドライバー駆動用のパワーアンプも古いラックスキットに使われていた小型ボリューム(クリックあり)を使っているのですが、長時間鳴らしてると片CHのみ急に音量が大きくなります。
  同じ症状なのでしょうね。これも35年前のアルプス製ですが。
  今回の出張で交換用に小型のアルプス製を買いました。上杉アンプもこのボリュームのようです。

プリアンプは特にボリュームに音が左右されますから、ハゼドンさんのプリもグレードアップしたのですね。

製作中のパワーアンプですが、なんだか気に入ってます。手元においておきたい気もしています。

五鱗の店主は日本人の名を名乗っていますが、あちらの人です。円高と人件費の価格差で一山当てようと秋葉に乗り込んできたのでしょう。
 悪い人じゃないので、また買ってあげてください。
 

トニー様
パワーアンプ、見守っています。徐々にイメージ出来てきました。仕上がり楽しみにしています。ところで有限会社五麟貿易ですが私も先日、ボリュームをネットで購入しました。アルプス製でしたけど。例のプリ、ボリュームがダメになり突然フルパワーになり、冗談のようですが、振動で置物が落ちてきました。夜のことでしたので近所もおそらく驚いたと思います。でボリューム交換後は元々が台湾製ということもあり、ワンランクグレードアップしたような感じです。それではアンプ製作がんばってください。失礼します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/49651558

この記事へのトラックバック一覧です: かの国のオーディオ屋さん:

« OY36・KT88アンプ③ | トップページ | 術をもっていれば »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ