« アルテック2WAYマルチセッティング③ 追補 2  最終回 | トップページ | アイドルの可愛さ »

2013年1月27日 (日)

見た目と中身

先週はずっと徳島県の阿波池田にいました。今週は、仙台と兵庫県の小野に行きます。私の利点は移動中にいくらでも、趣味のことをあれこれ考えて、時間がつぶせることです。
地元福岡県から一番時間的に遠いのは長野県と静岡県の島田あたりです。却って、札幌のほうが早く着くのです。
今日は宮城県のくりこま高原まで移動中。
今回はOY35アンプの、内部実態配線図を、紙切れに描き込んでいます。この最近考えるようになったのはアンプのデザインを優先すると、シャーシ内が狭くなり、配線が苦しくなること。
たとえばシャーシ前面に並んだMT管。ゆったり配線しようと、まわりにスペースを確保すると、シャーシ前面からMT管まで、距離が空いてしまい間延びしたデザインになってしまいます。
この部分だけがそうなるから、おかしくなるのでしょうか。全体的にゆったりさせればバランスもとれますが大きなアンプになってしまいます。
見た目と中身の密度のバランスは重要ですが、私は自分の手先の能力と相談して、シャーシ外形からMT管センターまでの距離の最小値を4cmとしています。

« アルテック2WAYマルチセッティング③ 追補 2  最終回 | トップページ | アイドルの可愛さ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/48987941

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目と中身:

« アルテック2WAYマルチセッティング③ 追補 2  最終回 | トップページ | アイドルの可愛さ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ