« 本当のところ | トップページ | 大鵬さんの死去 »

2013年1月18日 (金)

高校部活暴力事件

大阪市立桜宮高校でバスケ部のキャプテンが指導教諭の暴力に耐え兼ねて自ら命をたった事件。
橋下市長は、直近の入試の取りやめと、教諭の総入れ替えを主張しています。
もしこれを実行すれば、新たにさまざまな問題が起きることが想定されます。まず、この高校の入学に向けて準備を進めていた受験生たち。この時期の進路変更は大変なことだと思います。さらには、同じ部活にいた生徒たちとその父兄。
生徒の中には、この教諭の指導法に満足していた子もいるかもしれません。市長の発案が実現すれば、今までの将来計画が全て水の泡になってしまい、最悪キャプテンが耐えきれずに自殺したからこうなったんだと、言い出す子が出てくるかも知れません。
解決策は、まず何が原因で今回の事件が起きたかを冷静に分析することです。
私は一番の原因は、当初のルールを大人達が守らなかったことだと思います。何年間か勤務したら他校へ転任のルールが、スポーツの大会での功績優先で、何年も継続して勤務させたこと。教諭も自分は特別で何をやってもいいのだと勘違いしてしまったこと。
間違ったことの再発防止をはかり、間違えてしまった大人達が、再発防止のための処分を受ければいいことです。それは学校に関わる全ての人が妥当だと考え、受け入れられる対策であるべきです。高校の入学を希望している子供達が不利益を受けることは、避けるべきです。教諭を信望していた生徒と保護者も間違っていたことを、冷静に客観的に認識すれば抗議もでないと思うのです。
橋下市長は、もっと総体的な判断ができるよう、人間的に成長して欲しいものです。

« 本当のところ | トップページ | 大鵬さんの死去 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/48820948

この記事へのトラックバック一覧です: 高校部活暴力事件:

« 本当のところ | トップページ | 大鵬さんの死去 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ