« 大型アンプ⑥ | トップページ | レタリングみっけ »

2012年12月18日 (火)

接点考

ボソボソ、ガサゴソ、キューン。接点不良で発生するノイズたち。

私のオーディオシステムは2WAYマルチ。低域用に6GB8パラレルPPを2台。1台につき接点がUS8Pソケット4個。MT9Pが2個。入力端子、VR、SP端子で66箇所。2台で132箇所。

高域アンプがPPステレオで接点が74箇所。パワーアンプだけで合計200箇所程度。さらにはプリアンプ、チャンネルデバイダー、CDP、DAC、アップサンプラー。

しまいに、アナログプレーヤー・カートリッジ、MCトランス。たまにしか使わないときは接点の酸化が予想されます。してみると音が出るまでに500箇所くらいの接点を通ってることに。

ノイズが発生していない状態は軌跡に近いのでしょう。

今までアルコールで拭いていましたが、今度はケイグなどの接点復活剤をつかってみようかなと思っています。

« 大型アンプ⑥ | トップページ | レタリングみっけ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/48364331

この記事へのトラックバック一覧です: 接点考:

« 大型アンプ⑥ | トップページ | レタリングみっけ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ