« 買いだめ | トップページ | 活断層のこと »

2012年11月15日 (木)

倍電圧整流はどうなのかな

大阪日本橋、東京真空管。店主大眉(おおまゆ)さん。

もう長いつきあいだなあ。18年来かな。彼独身なのかな。

前のご主人が亡くなったときに、店の全ての権利を2百万円で譲渡するよという話が出回りました。

そこで私の師匠にも、オファーがあったそうだ。でも彼は当時30代前半そこそこの年齢でカメラメーカーの技術者。

あそこの店舗で、年収数百万=企業つとめと同額の収入、をあげられるかといえばまず無理な話だ。

固く辞退したそうだ。まあ前の経営者は芦屋住まいの方で、道楽で真空管屋をやってらした老夫婦でしたから。採算度外視で、趣味で真空管販売をされてた様です。

 後を受けた大眉さん、独身かな?ずっと頑張っています。私は年に1回くらい、大阪出張ついでにお店に顔をだす程度。

儲かってますかと、問えばいつもどおりはっきりしない笑顔でええ、まあという返事。

で申し訳ないから、帰る前に他ルートより高い価格でパーツをいくつか買ってあげています。すこし傲慢かな。申し訳ない。

さてやっと倍電圧整流のはなし。

お店に、上杉さんのアンプU-Brossが置いてありました。へーっと思い、これどうなのと、まず彼の評価を聞いてみたのです。

 んー、と相変らずはっきりしない回答。でもその言葉のなかで、「倍電圧だしね」という一言。

 私は、「んっ?」と思ったのです。世間では倍電圧って卑下されてるの?と

どうも彼はそう見ている印象です。そのあと何も言わず黙って帰ってきましたが。

私の意見を述べます。倍電圧整流も一般の両派整流もたくさん起用してきました。結果として何の差も見出せません。アンプの音に対する影響において。

倍電圧おおいに結構。1個コンデンサーが増える程度。

まあ、オークションのトランスでは、倍電圧型のものはその入札回数においてやや敬遠されている印象ですが。逆に入手しやすいのかな。

まあ、そんな程度です。倍電圧は。

« 買いだめ | トップページ | 活断層のこと »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/47857362

この記事へのトラックバック一覧です: 倍電圧整流はどうなのかな:

« 買いだめ | トップページ | 活断層のこと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ