« 倍電圧整流はどうなのかな | トップページ | 大型アンプ② »

2012年11月16日 (金)

活断層のこと

電力会社にとっては原発の下にある断層のことは、本当に心配のたねですよね。

なにしろそれが、活断層だったら原発は廃炉にしなければならないのですから。

先日、地域の自治会が防災組織を立ち上げる、ということで会合に行ってきました。じいさんばかりの防災組織も心もとないですが。

市役所の防災担当のおじさんが、いろんなグラフや、データを見せてくれました。

 その中で、どきっとしたデータを突きつけられました。

・日本の表面積の地球全体の陸地に占める割合は0.3%だと。これはまあ納得するところ。

・では世界で過去、M6以上の地震が発生した国の割合。なんと日本が61%を占めているというデータ。

以上のことから、日本では、地震が頻繁に、狭い領土のなかで発生していて、世界でも突出しているということ。

だからもう、活断層が原発の真下にあるとか、少しそれているとか、そんなことは何の意味もなく、そこらじゅうで地震が起こる可能性が少なからずある、ということらしいのです。

おのずと、日本という国が進むべき方向はもう自明なのです、けど。

« 倍電圧整流はどうなのかな | トップページ | 大型アンプ② »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/47858101

この記事へのトラックバック一覧です: 活断層のこと:

« 倍電圧整流はどうなのかな | トップページ | 大型アンプ② »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ