« レトロアンプ⑤完成しました | トップページ | これできますか »

2012年10月 9日 (火)

金皮抵抗のこと

福岡天神にカホ無線パーツというお店があります。知る人ぞ知る、数々の球アンプのヒット商品を出しているエレキットと同じ会社。

このパーツ屋は、「福岡の秋葉原を目指す」がスローガンです。

パーツの価格はやはり地方ゆえ、秋葉原より2割は高い印象です。

抵抗器のコーナーにいくと、普及タイプ1/2W型の金皮抵抗が5本1パックで100円で売られています。@20。

その横にオーディオ用と銘打たれた、同じ容量の金被がやや高めの値段で売られています。タクマンかな?

私は普及型の方を買います。1本足りなくてもまた買いにこなければならない手間を考えるともう1パックと多めに買います。

この抵抗、最近作っているMT管のアンプに使っていますが、結構いい音がします。

1本@200程度のリケノームやA&Bなどのカーボン抵抗に比較すると、価格は1/10ですが、まずまずの音がします。クリアで情報量もまずまず。ほんとにまずまず。

高級品のように、音色付けができるわけではありません。でも私は満足しています。

Img_0309

ソケットのピンからアース母線にハンダ付けされている小さな抵抗たちがそうです。

メーカーもわかりません。おそらく海外で安く作られているのでしょう。秋葉原では@15程度かもしれません。

 高級志向でないアンプにはこの抵抗をおすすめします。 

« レトロアンプ⑤完成しました | トップページ | これできますか »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/47367032

この記事へのトラックバック一覧です: 金皮抵抗のこと:

« レトロアンプ⑤完成しました | トップページ | これできますか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ