« レトロアンプ③ | トップページ | 東広島市西条に »

2012年9月25日 (火)

感謝の気持ち

毎日のニュースは尖閣諸島に関する中国、台湾の行動がメインになっています。

怒りが収まらない彼の国の人々が、感情の赴くままどんどん尖閣の島に集結しています。

それを見て、けしからんとお考えの方も多いと思います。

でも冷静に考えることが必要です。冷静になれば事態が客観的に見えてくるものです。

 果たして行動を起こしているのはどんな人達だろうかと。

直接日系企業に勤めたことのない人達。比較的若くて(50歳以下)反日歴史教育をそのまま受けた人達。そして直接日本人と交流したことのない人達。

そして決定的に言えるのは中国国内で何が問題で、本当の敵は誰かの判断材料を自分で入手できずにもやもやしている人達。

端的に言えば、いいように操られている人達、目先の収入が第一で、その前になんで貧困格差があるかを考える余裕のない人達です。

 日本の尖閣購入で、中国政府はもちろん怒っていますが、その怒りの度合いアピールする道具としてこんな人達を使っているのです。

だけど、愛国無罪を盾に反日の彼らがやっていることは暴漢と同じ行為です。気に食わないからと、走行中の同胞の乗っている日本車を破壊するとか、日系企業を焼き討ち、商品の強奪をすることはまったくもって犯罪です。

中国政府も、壊された日系企業から補償請求をされ後悔していると思います。

 結論から言うと暴漢は、日本が中国に対して今まで援助してきたこと、円借款から企業誘致と現地雇用などの活動に対してなんら知らされず、感謝すること自体頭にない人種だということ。半日教育により日本人=悪者、それしか頭にない人達だということです。

ただただ操って騒がせるにちょうどいい人種だと当局から利用されている連中だということ。

政府に対する不満を丁度ガス抜きに、日本に向けるように操られているのです。

 騒いでない、多くの理性的な中国の方々は真実をよく知っています。彼らは日本に対して感謝の気持ちを持っていますし、いまでも中国人がもっと日本人みたいに、節度と倫理観を持てばなあと憂慮しています。

方や日本人。市井のレベルでは、日本人ほど人種差別を意識していない人種はいません。

ご近所の除さんは、学生時代に来日し、研修生の時代から努力して、頼まれて日本企業の正社員になっています。

除さんはとても紳士的で優しく、娘さんはうちの娘のお友達よ、というご近所のお母さんがたが多くみうけられます。

そんな彼が会社の飲み会で、尖閣の話題がでたとき、とりわけ管理職が(彼もグローバルな意識を持ち合わせないただのオヤジである場合、なによりこの席に中国人がいることを全然気遣わない人種の場合)中国の悪口を言い始めたときに、下を向いてしまって、一番辛そうにしています。

 私が彼に、この問題どう思う?と聞いたら、勝手に当事者同士でやってくれよ、こっちは全然関係ないし、関係したくもないと。

彼と暴漢の違いは感謝の気持ちがあるかどうかなのです。

日本人は中国人に感謝しているでしょうか。おそらく感謝しているのは、中国残留孤児の家族と中国での生産を武器に経営を存続させている企業のトップのかたくらいでしょう。

一般的日本人は感謝の気持ちというよりも、友達程度にしか考えていないと思います。でも友達付き合いをするということは、無条件に仲間なのです。

 大事なのは感謝の気持ちです。双方の援助によって、こんなに助かっているのです。本当にたすけてもらって感謝しています、という気持ちです。

今はこの気持ちが、両国間のあいだで消滅してしまっています。

 ここで個人的な希望を言えば、中国政府の体制が、開かれた体制に変換され、変な教育をやめ、教科書には感謝の事例が多くのることを期待しているのです。

« レトロアンプ③ | トップページ | 東広島市西条に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/47210208

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝の気持ち:

« レトロアンプ③ | トップページ | 東広島市西条に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ