« いじめから暴力生徒へ | トップページ | おもしろい人 »

2012年7月15日 (日)

とても多くの雨量でした

昨日はよく降りました。福岡県八女市では市内を流れる矢部川が氾濫し、市民の生活環境にとてつもないダメージを与えました。

私も通ったことのある、川沿いの道路が、水の中に消えてなくなり、あふれた水が一気に住宅街を飲みこみました。

普段、市民が慣れ親しんだ川が、突然悪魔に変身したのですから、現実の理解ができないかもしれません。

九州最大の筑後川。普段はゆっくりと水をたたえ、河川敷ではスポーツや娯楽で人々が愉しい時をすごす場所です。

まさかあの大きな、ふところ深い筑後川までが、満杯になるとは想像もしていませんでした。

多くの犠牲者がでました。

今後、集中豪雨に対する備えはどうすればよいのでしょうか。

今回の2倍の雨量:一時間200mmを想定し、川や、堤防のインフラ再設計と整備が必要です。

自然は押さえ込めません。何とか知恵を使って、付き合いながら生活していくしかありません。

昨日も夕方になり雨がやむと、ウソのように川の水は減っていきました。いよいよ、日本は亜熱帯地域に入ったようです。それなりの備えを国を挙げて、考えなければいけません。

一般住民も、災害対策の参加が求められるようになるかもしれません。

« いじめから暴力生徒へ | トップページ | おもしろい人 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/46333622

この記事へのトラックバック一覧です: とても多くの雨量でした:

« いじめから暴力生徒へ | トップページ | おもしろい人 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ