« 悪い大人が二種類 | トップページ | とても多くの雨量でした »

2012年7月13日 (金)

いじめから暴力生徒へ

今回の中学生自殺の件で考えたこと。

「いじめ」という言葉はもう、世間一般的には使わない方がよい。

「いじめ」と報道される事件はどうも、いじめられている子ばかりが報道の中心になってしまう。あまり加害者にスポットが当たらない。

「いじめ」は当初は「じゃれあい」ととられ、双方が了解の上でやっているように、とられてしまう可能性もある。

 よって「いじめ」という言葉はもう使わずに、明らかに構内で暴力が振るわれている状況が確認できたのなら、報道は「暴力生徒」という言葉で報道すべきだ。

「○○中学校では、数人の暴力生徒が同級生に暴力を振るっているようです」

暴力を振るっている生徒が最初から報道の中心にくるように配慮すべきだ。

 アンケートでは「学校内の暴力生徒の名前を書いてください」をトップに持ってくること。

次に「その被害に会っている人の名前を全て書いてください」、「暴力の内容を具体的に書いてください」と続くべきだ。

これは、文科省、司法、メディアが即取組むべきだと考える。

« 悪い大人が二種類 | トップページ | とても多くの雨量でした »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/46316649

この記事へのトラックバック一覧です: いじめから暴力生徒へ:

« 悪い大人が二種類 | トップページ | とても多くの雨量でした »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ