« JBL control 1 | トップページ | JBLの分岐点 »

2012年6月 4日 (月)

ばくだん娘

菊地直子容疑者が捕まりました。

介護の仕事をしており、教団とは関係の無い男性と一緒に生活していたようです。

二人が知り合ったのが2005年のころで、ともに30代半ば。お互い惹かれるようになって、暮らし始め女性の方から自分の素性を打ち明けていたそうです。

世間から見ると、どこにでもいる男女だったのでしょう。

無差別殺人の凶行に及んだ集団にいた女性だとは周囲も気付かなかったのでしょうね。何しろ人を助ける仕事をしていたのですから。

男性は身元を打ち明けられても、別れなかったのは彼女を愛していたからでしょう。女性が逮捕されて、すぐに自分から出頭し、匿ったことを申告したのは、彼女のそばにいたかったからでしょう。

今になって思えば、なんであんな教団に取り込まれてしまったのか、あの集団にさえかかわらなかったら、普通の心優しい女性として暮らしていたはずなのにというところなのでしょう。

男女の仲は強いものです。犯罪者でも愛した人を見捨てるなんてできないものです。

教祖は、刑務所の中で、どうすることも出来なくなって発狂したフリをしているようです。回りの皆は「いや実際に頭がおかしくなっているんだ」といいます。

でも私には、どうみても演技をしているとしか思えないのです。

« JBL control 1 | トップページ | JBLの分岐点 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/45522966

この記事へのトラックバック一覧です: ばくだん娘:

« JBL control 1 | トップページ | JBLの分岐点 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ