« 定電圧放電管 | トップページ | 海外製部品のすすめ »

2012年6月24日 (日)

オークション 自作アンプ

カテゴリーで言えば、オーディオ>アンプ>真空管アンプ>自作アンプで検索してみる。

そうすると、いろんな自作アンプが出品されている。古いものは、シャーシ内の写真をみると、部品が大きい。リード線がくすんでいる。

しかしピカピカのものもある。ある会社の社長がアンプビルダーで社員の方が出品しているというおもしろいパターン。

この社長さんが作るアンプ、可愛くて、配線がとてもきれいです。プロ顔負け。私なんかは足元にも及ばないくらい。

きっと性格が几帳面なのでしょう。

私が古いアンプを捜す時は、部品取が目的。とりあえずアンプとして落札すると、トランス類や真空管が着いてきます。

 たかが使えればもうけもの。以前、球不明で落札したら6RA8で4本全て生きていました。

サンスイのトランス類も再塗装して若返りました。このとき落札価格は3万円くらい。

再製作したアンプは4万5千円でしたから、儲けはあったのですが、いろんな部品とか、新たに用意するとそんなに利益はありません。

むしろ時間がかかるので、そちらが大きな損害。赤字かも。

今後は年に2台が精一杯でしょうか。

« 定電圧放電管 | トップページ | 海外製部品のすすめ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/45830928

この記事へのトラックバック一覧です: オークション 自作アンプ:

« 定電圧放電管 | トップページ | 海外製部品のすすめ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ