« しっかりしたデザイン | トップページ |  飛行機は大丈夫か »

2012年4月30日 (月)

テレフンケンEL34のこと

今朝、EL34をアンプから抜いて、手をすべらせてフローリングの床に落としてしまいました。

高さ8cmくらいから。もしやと思い、再度挿して電流を監視していたら案の定電流値が70から80mAと暴走し始めました。また1本没にしてしまったのです。

ここでやっと、自分なりに結論を出しました。

このEL34は雑誌の売買で1本あたり3000円くらいで16本入手したものです。おそらく売ってくれた方は私以外の人にもたくさんの手持ちを譲渡したものと思います。

この方も安く大量に購入されたのでしょう。しかしテレフンケンが3000円は安すぎます。

想像ですがこのロットは工場で機構的に不具合が多発した製造ロットだったかもしれません。

出荷停止をかけて、廃却予定だったものを関係者が横流ししたのではないかと。

 これで3本NGにしましたが、何もせずUL接続と三接の切り替えだけで電極がタッチ。こつんと当たってタッチが2本目。今回落下で電流暴走が1本。

これはどう考えても電極の構造不具合です。他のメーカーではありえないことです。

 まだNGになっていないものが10数本ありますが、細心の注意が必要です。

« しっかりしたデザイン | トップページ |  飛行機は大丈夫か »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/45079773

この記事へのトラックバック一覧です: テレフンケンEL34のこと:

« しっかりしたデザイン | トップページ |  飛行機は大丈夫か »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ