« 6RA8プッシュプルアンプ 製作編 ⑭ 最終回 | トップページ | アルミ弁当箱シャーシ »

2012年3月21日 (水)

アンプからブーンという音②

6RA8アンプを作っていて、製作直後は50mV程度のノイズが出ると申し上げました。このノイズの正体がわかりました。

前言を訂正します。きちんと作ったアンプは50mVもノイズは出ません。実はアンプ完成後、エージングを兼ねてずっと鳴らしていたら、ブーンというノイズが突然発生したのです。

裏蓋を開けてテストをしていてわかったこと。50mV程度のノイズはRCA入力端子から初段のグリッドまでの配線で、アースが不完全の場合に発生するものだと。周波数は100Hzか120Hzです。

私の場合は、中古で使った東京光音の結構高価なボリュームが原因でした。このボリュームは以前、結構強い力を加えたことがあります。それにより内部のアース端子の接続にガタが発生していたのです。ある方向に押せばノイズは0.1mV。反対方向に押せば50mVに変わります。

よってこのボリュームは廃棄。新しいものに取替え。これで問題は収まりました。

教訓:ブーンというノイズは入力段のアース不良がその正体。

もしノイズに悩まされることがあるのなら、上記の原因を疑ってみてください。

« 6RA8プッシュプルアンプ 製作編 ⑭ 最終回 | トップページ | アルミ弁当箱シャーシ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/44576967

この記事へのトラックバック一覧です: アンプからブーンという音②:

« 6RA8プッシュプルアンプ 製作編 ⑭ 最終回 | トップページ | アルミ弁当箱シャーシ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ