« レイアウトごっこ | トップページ | 銀杏の日 »

2011年11月30日 (水)

手製のトランスと既製のトランス

ネットで手巻きトランスのサイトを見ていました。

そこに書いてあったのは、「自分で巻いたトランスは、ベールをはいだような音になり、情報量が多く、低域もしっかり再生される」との感想。

「タンゴの悪口を言うわけではないが、比較して差がある」とのこと。また「タンゴはタンゴであの特性を1万円程度で小さなケースの中にまとめるのは、たいしたものである」と書いてありました。

実はガレージメーカーである茨城・土浦のハット・オーディオのトランスが上記のような音を出します。

たぶん、主宰しているオミさんが一人でせっせと巻いているのでしょう。

個人で作るのと、メーカーが製造するのでは当然違いがあります。

 巻線1本づつにセラックニスを含浸させながら進める個人技。一方のメーカーは一塊巻き上げて、上から刷毛でニスを塗るやりかた。

巻いていく方法も、一巻き一巻き、目で確認しながら、均一性をチェックしている個人技。

自動の機械を使って、効率性、作業性を重視しているメーカー。

巻線の塊は、個人技では出来上がりが均一で平たくなりますが、機械をつかうと釣具のリールで糸をまいたような、団子状態になりやすいものです。メーカー製が全てそうだとは言いませんが。

昔ラックスに、優秀な女性の工員がいらして、彼女が巻いたトランスはすぐれものだったと、ラックスOBの方が雑誌で語ってらっしゃいました。

トランス製作は3Kの仕事です。ニスは使う、コールタールは臭くて有害、巻線は長時間の忍耐労働。当然目は疲労します。そのあと乾燥にも時間がかかります。しかしながら長時間かかって出来る割には、価格が合わない。

 タムラがトランスの国内生産中止決定したのも良く分かります。今後は中国に持っていくのでしょうか。また彼の国にノウハウを持っていかれるのでしょうか。

今のうちにタムラのトランスはストックしておいたほうが良いでしょう。

さて、個人的にはトランスを自分で巻きたいと思っています。トランスの品質と製作時間は正比例します。価格と製作時間は反比例です。

個人で作れば人件費がなくなり、部材費用のみ。市販の三分の一以下の費用であがります。

 そうして最近は、ホームセンターをはしごして、巻線機を作るための部品を探しているのです。

« レイアウトごっこ | トップページ | 銀杏の日 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/43199534

この記事へのトラックバック一覧です: 手製のトランスと既製のトランス:

« レイアウトごっこ | トップページ | 銀杏の日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ