« 失言・辞任 | トップページ | 抵抗の使用方法 »

2011年9月15日 (木)

トランスの底板

そういえば、この数年前に購入したタムラの出力トランス。F685だったと記憶しているのですが、仕上がりの良くないものに当たってしまいました。

たまたま私だけがそんな目にあったのか、他の方も何人か遭遇したのかはわかりません。

状況を言えば、底板が上からかぶさってくるケースとぴったり接合されていないのです。つまり底板よりケースの下の端面が少し上に接合されているのです。

結果としてシャーシにOPTを取り付けると、トランスのカバーとシャーシの間に少し隙間ができて、トランスがシャーシから少し浮いた状態になってしまうのです。

もともと、NHKなど業務用にしっかりした製品を納めていたメーカーなのですが、最近は国外で作っているのでしょうか。

たしかに図面を見ると、寸法公差が1mm程度で入っていますから、端面が1ミリシャーシから浮いてもOKなのでしょう。

でも見た目やはり、かっこよくないです。ここは一番品質レベルを上げて欲しいものです。

 大好きなタムラには頑張って欲しい。

« 失言・辞任 | トップページ | 抵抗の使用方法 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/41703629

この記事へのトラックバック一覧です: トランスの底板:

« 失言・辞任 | トップページ | 抵抗の使用方法 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ