« この8月の結果 | トップページ | 神戸その1 »

2011年9月 1日 (木)

オーディオ店の主人と話をしました

出張の合間に、広島県東部の町にあるオーデイオ店に行ってきました。

暑い時間帯、店に入っても人影が見えず、声を出したら年配のご主人が奥から登場。

球アンプの好きな方です。ガラスのケースには東芝製の未開封の5AR4が。

値段を聞いたら万は超えるとのこと。まあお店ですから、ある程度の高値設定にしないと利益がでないのでしょう。

 案内されて、試聴コーナーへ。いつも聞いてるマイルの枯葉をリクエスト。CDプレーヤーにアンプはサンオーディオの300Bシングルアンプを直結。

スピーカーはJBLの4312の新しい機種。小さくない方のやつです。

 結構大きな音で聴かせるので、ベースの迫力もありました。まあこんなものだろうと聞いてたら、アンプやスピーカーは何を使っているか尋ねられました。

 詳しく話していたら、やおらサンオーディオのアンプの電源コードを演奏中にもかかわらず、突然抜いて、違うコードに差し替えられました。危ないなあ。

「どうです、全然違うでしょう」「ええ情報量が増えましたね」「そうでしょう。この前もお客さんがおどろいて即買われていきました。2万円台です。コードの変更だけで、数十万円高いアンプに変えた効果がでるんですよ」

確かに音がはっきりして、ベースの余韻も増えました。

ははあ営業にうつってるんだなあと。でも300Bからいきなり電源を抜いて、すぐにまた100V印加は、なんだか危険です。そのうち今度は5万円のコードに変えました。

2万円台の方が5万円よりよかったのですが、でもその音も自分のシステムの方が情報量は多いなあという印象。なにしろアルテックのホーン型ユニットですから。

5万円のコードにいたっては余韻過多で本来のベースの音がマスクされているみたい。

そこで、何らかの結論を言ってあげるべきだと考えこう話しました。

「コードを変えると、確かに情報量は増えますけど、同時に何かが失われていく場合がありますよね。まあ丁度いいバランスがだいじですよね」と。

今度は、CDの洗浄液を取り出して、せっせと拭いて、トレイに押し込みスタート。小さなビンが5千円。

 これも音は変わりましたが、自宅でやってる水洗いとあまり違いはありませんでした。

ご主人、昔トリオの営業にいて、評論家を飲ませ食わせして、コンテストで自社のアンプを一位にしてもらったことがあるそうです。

それからしばらく、今のオーディオの現状について教えてもらいました。年配のファンが離れていってると。なんでこんな趣味に400万もつぎ込んだのかと、おっしゃった方もいると。

 みんなマニアは高齢化し、先般なくなったお医者さんは部屋2つに高価なオーディオを置いていたが、処分に困り息子さんから相談を受けたと。値段は言わなかったが、これとこれは値打ちもんだから大阪あたりのお店に持って行けばよい、と伝えたそうです。

 「いやうちで引き取っても、こんな田舎じゃ誰も買わないしね」

「若い人はハートで音楽を聴いている。貧弱なドンシャリ音でもそれはそれでよいと思う」

「年寄りは脳で聴いてるんだけど」

いろんな話をしているうちに、常連さんが入ってこられて、そのタイミングを利用しておいとましました。

目の前で、音が変わると確かに、お客さんはすぐに買って帰るのだそうです。でも実演するわけだから良心的だといえます。

若かったころ、経験の無い私はお店に人のいわれるままに、あるいはお店の人とはしゃべらずに、カタログにあった製品だけを注文していました。

今は、ある程度の経験があるので、率直に話すと共感してもらえます。

今日のお店での結論は、

①音はその人の好き好き。他人への押し付けはだめ

菅野沖彦さんも、ステレオサウンドで書いていたときは、きらいなそぶりをして一言も褒めなかったハーベスを、契約が切れたら即購入されたそうです。しがらみや、金がからむと人間、正直ではいられないようです。

②オーディオは必ず趣味から消えていく

世の中から、確かに少しづつ露見する製品が減っています。

シャーシから自作するマニアなんて、九州では私くらいかも。

③たまには人と話をするのもいいもんだ。

以上でした。

« この8月の結果 | トップページ | 神戸その1 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。当時まだ福山市に住んでまして、中学生でしたが私と友人は共にラジオ少年でして、真面目に客として扱ってもらってました。実直ですよね。

今は広島市に住んでます。何回か、お店を訪問して、やっと一度会えた様な状態です。お互いに暫し、浦島太郎さん状態でしたが、名前で思い出して下さいました(笑)
めずらしい名前ですし(^^)懐かしがって当時の顧客台帳が登場しましたよ。
はい、今度遊びに行ってきます。良いきっかけを頂き感謝です。

Masaさん

こんにちは。そのとおりです。福山駅前のミノルムセンのご主人です。
隠してもしょうがないので。

 うそをつかない実直な方ですね。あのお店4回は訪ねたのですけど、間隔が開いてたのもあって全て一見さんでお相手してくださいました。
 だからトリオ時代の武勇伝も4回聞かせてくださいました。

Masaさんは今は離れたところにいらっしゃるのでしょうか。たまには行ってあげてください。

初めまして。何となく”M”から始まるショップかな?と思いました(^^)なんとなく。ハーべスが好きでしたもん。
もし当たってたたとしたら・
昔、ずいぶん、お世話に成ったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/41441946

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ店の主人と話をしました:

« この8月の結果 | トップページ | 神戸その1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ