« 絶滅管種 | トップページ | よく認識すべきこと »

2011年7月29日 (金)

輸入食品の確保

全国各地でセシウム入りいなわらを食べた牛肉の回収が進んでいます。

以前にも書きましたが、セシウムが降注いだのは、いなわらだけじゃないのです。

畑の白菜、キャベツ、大根、にんじんにも降注いでいます。海を泳ぐ魚たち。深刻なのは、東北地方は有数なお米の産地だということ。

現在稲穂をつけている、田んぼの米たちにもセシウムが降注いでいます。これらは全てダメでしょう。政府が買い上げて、糊にするしかありません。

 野菜もそうです。高く積み上げられたキャベツたち。農家のかたがたのやるせない怒り、全て廃棄の憂き目をみることになるでしょう。

ここで、考えなければならないのは、輸入食品の確保です。

おそらく日本は米が枯渇するでしょうから、以前のようにインディカ米の輸入も考えなければなりません。 商社はすぐに動くべきです。

餃子事件で、中国食品の輸入を日本が全面的に控えたことがあります。今はそれどころか、少々の農薬が入っていても、セシウムよりはましだ、ということで買わざるを得ない状況も考えられます。

とんでもない事態が待っています。

これもひとえに原発事故。もう一度いいます。東北の子供たちはできるだけ早く、西の方に移動すべきです。数年後必ず、甲状腺に関する病気など、広範囲で影響がでてきます。子供の将来に大人が責任を持つべきです。

 政府は本当のことを発表すべきであり、政府が主導で、集団移転を進めるべきです。

 それから、原発の再稼動をまだ、与党の政治家も含めて唱えていますが、もってのほかです。

東海地方と西日本の原発それぞれ1基づつが、福島原発と同じ事故を起こすと、もう日本は人が住めない島になってしまいます。

それを想像力も無く、考えたこともない連中が、再稼動を唱えるのは、本当に無責任です。

 

« 絶滅管種 | トップページ | よく認識すべきこと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/40999424

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入食品の確保:

« 絶滅管種 | トップページ | よく認識すべきこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ