« フィービ・スノウのこと | トップページ | 徳大寺さん、違うと思う »

2011年7月 7日 (木)

やらせメール

何とか玄海原発を再稼動させたい、経済産業省と九州電力が番組を作って放送しました。

経済産業省はいまだに、福島原発がああなってもまだ、原発を推進したがっています。

官僚の目的は何なのでしょう。おそらく原発の技術供与を続けて日本から金を取り続けたい、アメリカからの要求なのでしょう。官僚は本当に米国と中がいいから。

 海江田さん、何もしらず官僚のいいなりになっていたのでしょうか。あるいは影にあるアメリカの圧力を知らされ怖くて動いていたのでしょうか。日本に脱原発されて困る国がどこかを考えると答えは解ってきます。

 はからずも、この番組で九電が残した教訓は、

「人間は慣習となっていることは、急にやめることは不可能だ」ということ。

 そりゃそうです。この手の番組は昔から、放映されてきていますし、おそらく選ばれて一般人として番組に参加している人は、すべからく原発推進に携わっている人か、その家族か、その友人だと推測されます。

 参加した方が反対意見を言ったことを見たことがありません。今回の番組のやらせメールについて言えば、昔ながらの慣習に従って、九電は動いただけです。現在の世の中の空気を読めない九電は、その慣習が間違っているということすら認識がないのです。

 何しろ未だにこの状況で、九電は「給湯設備をガスから電気に替えませんか。初期投資も含めて電化の方がお徳ですよ」とアルバイトらしきオペレーターを使って、うちにも電話してきています。

「この時期ガスをやめて電気に変えるというのも、エネルギーの電力集中依存から他の方法に分散させるという世の中の動きに対して、逆行していませんか」

と答えると、「まあそうですねえ」とアルバイトさんは引き下がりました。

 電力会社は本当の意味で民営化したほうがよいと思います。今は官僚のような方々が経営しているような状況ですから。

 電力会社の常識は、一般人の常識とかけ離れています。うそで塗り固めて進めば、それが常識になると思ってるのです。そんな組織に放射能という危険なものを扱わせていいのでしょうか。

 全国に何万tとプールされている、使用済核燃料は一体どうするつもりなんでしょう。どんどん敷地内に増えていて、何十年もたたないと、コンクリーに固めて埋められないそうです。何十年間も使用済核燃料をどんどん貯め続けるとこの先どんな状態になるかわかってるのでしょうか。

廃炉しても、これらは冷やして監視し続ける必要があり、莫大な費用がかかります。何十年のうちには高い確率で地震が来ることが言われている状況で、原発をまだ稼動させることがどういうことか、一般常識を持ち合わせていれば、直ぐに解るはずですが。 

« フィービ・スノウのこと | トップページ | 徳大寺さん、違うと思う »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/40717404

この記事へのトラックバック一覧です: やらせメール:

« フィービ・スノウのこと | トップページ | 徳大寺さん、違うと思う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ