« トランスと球のコンビネーション | トップページ | スランプ »

2011年7月 2日 (土)

高精度のフィルムコンデンサー

秋葉原ラジオセンターの山王電子の親父さんに聞いたら、パナソニックのコンデンサーECQEシリーズはまだ生産が継続してるそうです。

ECQEシリーズは最も精度が高いもので5%誤差以内です。

してみればフィルターのディップ周波数(もっとも利得が落ちるポイント)もまだこのコンデンサーと可変抵抗で調整ができそうです。

 みなさんツインT型ノッチフィルターを作って、歪率計を組んで見ましょう。

それからセンターの2F奥にある「あぼ電機」でロータリーSW延長用のシャフトがセットで手に入ることがわかりました。

これがなかなか全部そろわず苦労していましたが、やっと見つけました。「あぼ」です。

 これがあると、入力コードの引き回しが短くて済み、アンプの周波数特性がよい方向に改善されます。

この部分、また写真でお知らせします。

« トランスと球のコンビネーション | トップページ | スランプ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/40645301

この記事へのトラックバック一覧です: 高精度のフィルムコンデンサー:

« トランスと球のコンビネーション | トップページ | スランプ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ