« 豪腕ピッチャーの迫力 | トップページ | 健さん引きこもり »

2011年6月25日 (土)

チョークコイルの不思議な体験

もう18年くらい前、夫婦でペンションすももの木に泊まったことがあります。

そのとき私は大型管のシングルアンプを持ち込みました。

 実はチョークコイルにシングル用のものを持っていなく、0.5H程度のPP用のものを使っていました。

当然リップルが大きく、ブーンというハムが出ていました。

 なに、シングル用のチョーク持ってないの、とオーナーの小池さんに笑われてしまいました。

そして家にもどって、晴れてシングル用の10H程度のものに交換しました。

 このとき不思議な体験をしました。

取り替えてすぐにSWしたところ、スピーカーから小さな音が聞こえたのです。その音はピピピピと2秒程度聞こえました。

 電源のインピーダンスが変化した音?何が音を発せさせたのか今でも分かりません。

KT88をバイアス0にしてしまい、管内に青白いアークが光ったのに並ぶ不思議な体験でした。

« 豪腕ピッチャーの迫力 | トップページ | 健さん引きこもり »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/40537852

この記事へのトラックバック一覧です: チョークコイルの不思議な体験:

« 豪腕ピッチャーの迫力 | トップページ | 健さん引きこもり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ