« 省エネ・オーディオ | トップページ | いやな質問 »

2011年6月 8日 (水)

災害復旧工事をいそげ

被災地では3ヶ月が経とうというのに、まだ10万人の方が避難所で暮らしています。

仮設住宅の早急な設置が急がれています。もう3ヶ月も体育館などの板の上で寝てらっしゃいます。

「あんたたちも、ずっとこの板の上で生活してみてください」 切実な言葉が、訪問した政治家に投げかけられました。

総理大臣は何をしているのでしょう。いや、何をやるべきか知っているのでしょうか。

早く仮設住宅をどんどん作るべきです。

 聞けば、地方の土建屋さん達は、指示があればいつでも被災地に行くと言っています。重機を被災地に集結させると言っています。自衛隊やボランティアの方々だけに任せていいのでしょうか。作業のキャパにも限界があります。工事のベテラン達が早く指示を出してくれと言ってるのです。

こころ強いじゃないですか。

 すぐに国交省が、「東日本激甚災害復旧工事」を国の工事として、どんどん発注すべきなのです。何十件、何百件と工事を発注すべきです。

政治家、官僚は何をやってるのでしょうか。仕事しない人達に変わって私が発注したいくらいです。

« 省エネ・オーディオ | トップページ | いやな質問 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/40311175

この記事へのトラックバック一覧です: 災害復旧工事をいそげ:

« 省エネ・オーディオ | トップページ | いやな質問 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ