« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

節電しなかったら罰金

電力使用制限の強制を国が決めました。15%の節電を達成しなかったら罰金だそうです。最大数百万円。

 冷静に考えると、国の政策で原発を進めておいて、今回の事故で安全だというのが真っ赤な嘘だということがバレて、挙句に国民や企業に対して、国が節電を強要しているわけです。

国は国民に嘘をついておきながら節電を国民に強要して、従わないと罰金を取るそうです。

なんか狂ってるなあ。馬鹿も極まれり。国には本当につける薬がないなあ。しかも国家公務員にはボーナスが出るんですって。

そのボーナス全部被災地域の援助金として差し出すべきじゃないかなあ。

バカにまかせると国民全体にバカがうつりそうで、ああいやだいやだ。

スイスにひっこしたいなあ。涼しいぞお。

2011年6月29日 (水)

どこかで見たことのある

ガガって今凄い人気なんですってね。

でテレビでプロモーションビデオを見たんだけど、新鮮な感じはしませんでした。

言えば、どこかで見たことがあるという印象。下着姿に近いコスチュームはもうずっと前にマドンナがやってたし、奇抜なメイクも70年代から、誰かがやってたのと同じ。

で音楽はどうかと言うと、よく分からない。聞いたことがあるような、新しいような、いまひとつ混沌としていて、結論がでないのです。

 現在のアメリカの音楽シーンも突っ込んで見ていないし、ヒットを飛ばした人だけを、日本のテレビを通じてみてるだけです。

 言えばマドンナも年齢を重ねて、あまり活発に動いていないようだし、丁度彼女のあとのぽっかり明いたところにガガが出てきた印象です。

彼女を見てると、そんなに長く一線で続けるような感じでもないなあと。

でも相当日本びいきだそうですから、日本人と結婚するかもね。

2011年6月26日 (日)

健さん引きこもり

自宅から出てこないそうですね。お世話になった建設会社の社長が亡くなり、喪に服し、あけた頃にまた映画界での恩人が亡くなり、5月からずっとこもりきりだそうです。

映画に共演したことがある北野たけし氏が心配して、何とか部屋からひっぱりだそうと考えてるそうです。

 引っ張りだして、また映画に主演してもらうつもりなのでしょうか。

でも健さんは現在80歳だそうです。

 私の父も寝たきりになって80歳でなくなりました。現在の日本人男性の寿命は80~81歳だそうです。

 もういいじゃないですか。体や気力がもう寿命に近づいてるのですから。そーっと、そーっとしておいてあげるべきですよ。

 それが正しい配慮だと思います。

2011年6月25日 (土)

チョークコイルの不思議な体験

もう18年くらい前、夫婦でペンションすももの木に泊まったことがあります。

そのとき私は大型管のシングルアンプを持ち込みました。

 実はチョークコイルにシングル用のものを持っていなく、0.5H程度のPP用のものを使っていました。

当然リップルが大きく、ブーンというハムが出ていました。

 なに、シングル用のチョーク持ってないの、とオーナーの小池さんに笑われてしまいました。

そして家にもどって、晴れてシングル用の10H程度のものに交換しました。

 このとき不思議な体験をしました。

取り替えてすぐにSWしたところ、スピーカーから小さな音が聞こえたのです。その音はピピピピと2秒程度聞こえました。

 電源のインピーダンスが変化した音?何が音を発せさせたのか今でも分かりません。

KT88をバイアス0にしてしまい、管内に青白いアークが光ったのに並ぶ不思議な体験でした。

2011年6月20日 (月)

豪腕ピッチャーの迫力

ここ数年野球をじっとテレビの前で見ることがなくなった。

やりたいことがあって時間がないのと、贔屓のチームがなくなったからだ。

 以前は赤ヘルが好きだった。山本浩二や衣笠、水谷達が全盛時代のころ。投手陣もリーグで一番の陣容を誇っていた。

 いつの頃からか、ナイターを見なくなって赤ヘルへの興味も失せた。

 しかしこの最近、夜のスポーツニュースでダイジェストは見るようにしている。お目当ては各チームのエース級投手の投げっぷりだ。

 ダルビッシュや田中(マー)、前田健太、五十風など見てるとほれぼれする。

大きな投球フォームから踏み出された脚、背中のうしろからしなるように振られる腕。ぐんと伸びたボールがキャッチャミットに収まり、空振りしたバッターが悔しそうに天を仰ぐ。

投手の体、筋肉、汗そして討ち取ったときの表情をみていると、確かにプロは凄いと実感する。

 なぜ彼らに魅入られたのかを考えてみた。原因はテレビである。

最近テレビを液晶の大型に変えたこともあるが、画像が大きく、情報量が多く、その場で見ているような錯覚を覚える。

おそらく球場のスタンドでみるより、大きくはっきりした映像を見ているのだろう。放映と受信技術の発達のおかげだ。

 昔のピッチャーは、映りの悪いモノクロテレビだった。垂直同期が取れずに、横の黒い基線がブラウン管の上下向に移動していたものだ。選手の汗なんかほとんど確認できなかった。それが今や顔のしみまで見える。

往年のピッチャーがもし今現役でいれば、やはり迫力はあったのだろう。

それでもって、この最近は夜のスポーツダイジェストが楽しみのひとつになっている。短気な私は実況中継に付き合わず、結果と誰がどんな活躍をしたかの確認で満足なのである。

2011年6月19日 (日)

山を変えられますか

すばらしい音とシステムを構築し、音楽を楽しまれているかた。

この世にはたくさんいらっしゃるのでしょうね。

 他人との交流を避けて10数年。少し前に電話で8年ぶりかで連絡をもらいました。

 最近は何をされてるんですか、以前のようにオーディオコミュニティーに参加してくださいよ、と。

 確かに以前は、出かけて行って人の音を聴かせていただき、自分の音も聴いていただきました。

 ただその当時も私は、ひととの交流よりも自分の部屋でゆっくり作ったり聴いている方がいいなと感じていました。

電話をいただいたときに、実は今は九州に住んでいて、もうみなさんと会えないのです。メールでの交流も、今は仕事が忙しくて、脱サラでとてもそんな余裕はないのです、とお答えしました。

 その当時の仲間の皆さんは、公務員であったり、大手の会社の定年前だったりと余裕のあるかたばかり。たまに若いかたがいらっしゃっても、独り身で趣味のために仕事を変えたりされてる方たちでした。

 今私は趣味の世界では孤独です。でも音楽と自作は楽しんでいます。

もし何かの機会があってすばらしいシステムと音を聴かされても、もうその方の後追いをしようなんて気になりません。

今は自分なりにひとつの境地の頂にいます。

 となりの山に、もう一度登り直すなんて、気が起きないのです。ビギナーではないのですから。

 私は変わっていますか?

2011年6月15日 (水)

オシロの安い入手方法

中古屋でオシロを買う場合、安いもので15000円から20000円。

これも20MHz、2ch程度の古い型のものです。

ところが、ヤフオクの無線機のところにぶら下がっているカテゴリーでは常時2~3件出品されており、中には高機能のテクトロの300MHzのものなどがあり、1万円以下で落札できることもあります。

ただし、品質についてはリスクがあります。出品者の説明をよく読んで、間違いのない落札をしましょう。

おためしください。

2011年6月12日 (日)

このブログも終わりかな

東電はこの4月以降でも、原発に反対意見を述べた学者を出演させるなとか、反原発の番組を放映するならスポンサーを降りて広告料を払わないぞ、とテレビ局に圧力をかけているそうです。

バカだねえ、東電なんてもうすぐ空中分解することが分かっているのに、いまだにこんなことしてるんですね。

これはあり得る話ですが、原発事故により家を手離さなければならなくなった方や、事業の存続不可で廃業されたかたが、東電相手に民事訴訟を起こすことが考えられます。

 今まで、情報も開示せず、安全性に指摘を受けても、故意に無視して対策を講じなかった罪、メディアに対して広告料という武器を使って報道行為に圧力をかけた罪などが問われる可能性も考えられます。

 電力会社と手を組んでいた政治勢力もこの際、訴訟を起こされて、罪を償うべきだと思います。今後の反省のためにもいい経験になると思います。

山本太郎氏、反原発行動でメディアに登場していますが、当たり前のことをやっているだけです。村上春樹さんも反原発のメッセージを外国で発表しました。同じ立場の方々、ごく普通の良識を備えた方々がどんどん発言し始めています。

当然です。原発はやはりなくしたほうがよいとお考えなら、一般の方々も選挙で、推進してきた政党には投票しないのが直接的な反原発アクションとなります。

原発護送船団の人達が、今後も罪を問われず、そのままなら日本は腐敗と崩壊が加速してしまいます。

さあて、個人的なブログで反原発意見を盛んに発表されているところ13箇所がお上の規制で閉鎖されたそうです。私も今ここで、何らかの情報を発信しなけれと思いやってきました。

 このブログにもなんとなく、それらしいアクセスが見受けられます。

そのときは悲しいですが、お別れも覚悟しています。一旦ここで感謝の言葉を述べさせていただきます。

こんなブログでしたが、たくさんの方に見ていただき、私自身励みになりました。独断で間違ったことや、ある立場の方から見れば非常に噴飯ものの内容の部分もあったかもしれません。

しかしながら皆様のおかげで9万アクセス近くまで続けることが出来ました。こころより感謝いたします。                                    

                                                 トニー

                                

2011年6月11日 (土)

「トイレなきマンション」とネアンデルタール人

知らなかった。使用済み核燃料に必要な管理は10万年かかるそうです。

もう外にポンと出しても放射能がノーエミッションで安全だとなるまでに10万年だそうです。

 現在、使用済み核燃料は、原発の近くにプールを作って、そこにどんどん溜めています。

でも、現在は短期間に放射濃度を下げる技術がないから、捨てたり、処分することなくずっとプールに冷やしながらただ保管しているのです。

 これがいわゆる「原発はトイレ無きマンション」だと言われる所以です。

使用済みの核燃料をこうやって、ずーっと保管しておくなんて話も、電力会社は積極的に国民に説明してきましたっけ。

 原発は他の発電方式にくらべ安価で効率的な発電システムだ、と言われていますが、この使用済み核燃料の管理費は計算に入れてないんですって。

これはどうみてもインチキですよね。

 今すぐ原発を全部廃炉にしても、プールにたまった分はいつまでも管理していかなければならないのですよ。プール自体がまた激甚災害にさらされる可能性もあり、危険な状態は続くのですよ。

これをまだ10万年やらなきゃいけないなんて。今から10万年遡ったら、ネアンデルタール人の時代にもどるのですよ。

あ~あ、欲に目がくらんだ連中のせいでこのありさまですよ。

 

メーカーの書いた本、ユーザーの書いた本

去年、なんとなく興味を惹かれて、小型のデジタルオシロスコープを買った。

取説は英文のCDが付いていた200ページくらいあるので、詳しく読んでない。

用途もアンプから出てくる波形を見るだけ。買った理由は可愛かったのと持ち運びに便利そうだったから。

よって使い方も適当。いろんなつまみを触っているうちに、波形が見ごろの大きさになっていると言った按配。

よって本来のデジタルオシロの機能なんか、ほとんど有効活用していない。

 昨日本を買った。たまたま見つけたデジタルオシロの本。これなかなか分かりやすい。

実はこの本を手にとる前に、他のデジタルオシロの本を見ていたのだ。

Img_1653 その本がどうも、メーカー出身の方が書いた本らしくて、機能のことを中心に書いてある。つまり仕様書の解説みたいな内容。

それを読んでいても理解しづらく、困った時に写真の本を見つけた。

 これはいい。何しろ使う人の立場で書いてある。オシロとは電気を見るものですよ、からはじまって、プローブとはお医者さんの聴診器ですよ、ときた。

嬉しくなってどんどん読める。とりあえずのメインとなるつまみと、その使いかたが解説してある。どうもオシロ好きなユーザーが書いたものらしい。

 なるほど、機能や性能は使えるようになってからでいいのだ。ひととおり使いこなせるようになって、更に欲が出ると次のステップであらたな機能とその性能を気にすればよいわけだ。

機能とは働き、性能とはその能力レベルだ。

 ノイズをなるべく拾わない方法、簡単に複雑な測定が出来る方法などの更なる知識の習得。

 この本でやっと自分のオシロが何用なのかがわかった。屋外でのポータブルな使用。公園や屋外施設の点検などに向いてるらしい。

やっぱり、ユーザーの書いた本がいいなあ。

 

2011年6月10日 (金)

初心者のアンプ

アンプ製作を始めたばかりの方の作品をみるとドキっとすることがある。

デザインにである。新鮮で斬新だからである。

私を含めて何台も作った人のアンプはどこかしら、誰かの影響をうけて、見たことがあるようなデザインになってしまう。

 でもビギナーは他をしらない。よって誰のアンプにも似ていない。

「その安く手に入る部品を、どでーんと真ん中に据えるか」

「それシャーシ内に入れずに上に出すの」

「それをその横にもってくるなんて普通しないよ」

「それをそんな方向にとりつけるか」

なんて思いながらも、新鮮で嬉しくなってくる。

 固定観念。固定概念。もう一度ふりはらってみようかな。

オークションの品質リスク

中古の計測器通販店で、8万円の値段がついているオシロスコープ。

ヤフオクで15000円程度で落札された。商品説明の写真ではしっかり波形も映っており良品なんだろう。

出品者はあとあと、偏執的な落札者に当たった場合に、うんざりするクレームを回避するために、ジャンク扱いで出品しノークレーム・ノーリターンで、との注釈をつけることがままある。このオシロもそうだった。

しかしながら商品はしっかりしている印象だ。このオシロは実際に品質的にはどうなのだろうか。

ジャンクとはいいながら、本当はいいものに違いないと思って、落札して、手元に届いたら不良品だったなんてことになった場合。

確かにジャンクと注釈があれば、15000円払っても不良品の場合は文句はいえない。

おそらく中古だろうから、仮に動作しても、精度に関しては校正なんか実施していないだろうから当てにしないほうがよい。正常品ならもうけものといったところか。

しかし真空管アンプの波形を見る程度なら、精度はあまりこだわる必要はない。

価格の安さと品質リスクをはかりにかけると、なんともいえない。

 せめて失敗しないためには、出品者の注釈をよく読み、言葉のうらにある、「良品なんだけどクレームがいやなのでジャンクにしているのですよ」という意向を感じ取ることくらいだろうか。

「波形は映りますが、正確な精度はわからないためジャンク扱いとします」とか。

2011年6月 9日 (木)

いやな質問

でそれは、どんな音がするんですか?

管球初心者のかたが、必ず聞いてくる質問です。

言葉じゃ説明できないのです。

 うんざりして、いい音ですと答える。 どんなふうにいい音なんですか?

わたしの好きな音がするのです。あなたの好きな音とはどんな音ですか?

 それは説明しても、あなたには分からないと思います。なぜ私に分からないのですか?

それは、あなたが私じゃないからです。なぜ私はあなたじゃないのですか?

 まさか勢いづいて、こんな質問はしないと思いますが。

こんな時に、全て一度に解決してくれるとっておきの言葉があります。

「知りたかったらご自分でやってごらんなさい」

 おお、オーディオの大先達のお言葉です。

この言葉こそがご老公の印籠です。ウルトラマンのスペシウム光線です。銭形平次の投げ銭です。

お金と時間を使って自分で確認しなさい。人に聞くだけで、その言葉だけを信じてたら、悪徳業者にケツの毛までむしられますぞ。

2011年6月 8日 (水)

災害復旧工事をいそげ

被災地では3ヶ月が経とうというのに、まだ10万人の方が避難所で暮らしています。

仮設住宅の早急な設置が急がれています。もう3ヶ月も体育館などの板の上で寝てらっしゃいます。

「あんたたちも、ずっとこの板の上で生活してみてください」 切実な言葉が、訪問した政治家に投げかけられました。

総理大臣は何をしているのでしょう。いや、何をやるべきか知っているのでしょうか。

早く仮設住宅をどんどん作るべきです。

 聞けば、地方の土建屋さん達は、指示があればいつでも被災地に行くと言っています。重機を被災地に集結させると言っています。自衛隊やボランティアの方々だけに任せていいのでしょうか。作業のキャパにも限界があります。工事のベテラン達が早く指示を出してくれと言ってるのです。

こころ強いじゃないですか。

 すぐに国交省が、「東日本激甚災害復旧工事」を国の工事として、どんどん発注すべきなのです。何十件、何百件と工事を発注すべきです。

政治家、官僚は何をやってるのでしょうか。仕事しない人達に変わって私が発注したいくらいです。

2011年6月 4日 (土)

省エネ・オーディオ

さあ夏が来る。

今年の夏は省エネが、国家的テーマなようだ。

時短、曜日変更稼動など企業も考えている。そして人はクールビズ。ネクタイとって、上着をぬいで、暑さを避けること。

最近は商業的にもオシャレなクールビズファッションが取りざたされている。風采のあがらない私は、スーツにネクタイの方が制服っぽくて、自分のファッションセンスが隠せてたすかるのに。

半そで、ボタンダウンでGパンはOKらしい。でもこれもっとも私が苦手なファッション。まあいいか、皆が着始めれば、それが制服みたいになるし。

さてオーディオも省エネが求められる。ヒーターというものを中で熱して音を大きくするような装置は省エネに逆行するもので、この趣味の人達は国家反逆人種である。

 管球システムは夏はお休み。コンセント抜いてビニールかけましょ。

スピーカーを鳴らさずに音をきくならヘッドホンかイヤフォンとなる。

パソコンは結構熱を出す。よってNG。CDプレーヤーから直接ヘッドフォンで聴く、これOK。

でもそれより電気を食わないのはipodや携帯からのイヤフォン。

 でもやっぱり球アンプで聴きたい。そこで他に使っている電気を減らして、その分球をつかわせてもらうのはどうだろう。

 エアコンを使うのは1日2時間に限定。風呂上りヘアドライヤーを使わず自然乾燥。テレビはニュースしか見ない。パンはトーストを食べず、調理パンにする。

 でもこれ普段からやってるぞ。ということは、私はいつもどおり球アンプを使っていいということかな。

でも良心の呵責があるから、アンプもPP2WAYマルチはやめて、シングルアンプ+フルレンジスピーカーで行こう。ううん、9月いっぱいまでね。

トランスの発熱

以前ラックスのキットA3600(8045GPP)というアンプから、電源トランスを取り外して、自作アンプに使ったことがある。天板のカバーがグレーの有名なやつだ。

結構このトランスは発熱した。夏場は手で触ってるとかなりの熱を感じるくらい。

サンスイのPVシリーズで倍電圧のタイプも結構熱が出る。でもラックスほどではない。

タンゴは結構発熱が少ない印象。タムラも少ない。

ノグチはタンゴと同程度かな。でもノグチの大型トランスは唸りが大きい。

よって、電源トランスは私はタンゴを使うことが多い。

 まあでも、マニアに言わせるとトランスは100℃以下なら大丈夫だそうだ。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ