« 失恋で自殺 | トップページ | 自作測定器と精密コンデンサー »

2011年5月13日 (金)

原発停止による電力不足

この夏電力不足が予想されています。

いまだに原発でお金をもらった週刊誌メディアが、「もし原発がなくなったら生活はこうなる」という記事を書いています。

内容は、電気料金が跳ね上がり食卓から冷凍食品が消える、高層マンションのシャワーから水が滴るだけ、これらが原発0の代償ですって。

バカだねえ、こんな記事しかかけないのでしょうか。この程度の脳しかないから、原発推進に盲目的に乗っかってしまったのでしょう。

 人はバカじゃないから事前に手を打ちます。原発代替エネルギーもどんどん採用するでしょう。これは当然の流れです。

火力発電は二酸化炭素排出が多く環境に有害だとの論があります。放射線は環境に有害ではないですが、人体への害は二酸化炭素の比ではありません。環境省も経産省も放射線に対し環境上なにも縛りをかけていません。法律も作っていません。なぜなら国策で原発を進めてきたから。

この週刊誌の記事は、代替措置もなにもせず、ただ現状に対し原発を0にしたら、という前提なのです。

こんな週刊誌の記事の内容をみると、自分たちの取ってきた立場から、原発被害の記事はほとんどありません。書けないのでしょう、代わりに政治家が影でこんな発言をしたとか、有名人や皇族のゴシップばかり。このメディアのお粗末さが透けて見えてます。

 私は原発が本当に全電力の中で賄ってきた電力量を信じていないのです。なぜならそれらは原発建設を推進する為に使われた数字だから。水増しもあるのではと疑ってしまいます。

なぜなら、東電初め原発運転のためなら、捏造したり、隠蔽を繰り返してきた企業が発表した数字だから。一事が万事だと思っています。

 原発を止めると大々的な計画停電が必要だと、大風呂敷を広げました。政府もあわててそれを信じて突然計画停電の実施を発表しました。しかし現実は当初の発表と食い違っていました。計画停電のない日も結構ありました。もちろん、国民の節電効果もありますが、このへんから数値が怪しいと類推できます。

 原発護送船団の思惑はこうです。①原発建設は儲かる。②よって各地にどんどん新しく建設したい。③そのために電気をどんどん使って欲しい。③そうして原発が全発電量の多くを占めてきた。

②から③の流れの中で、原発の実際の発電量を水増ししていると考えています。本当はそうでもないのではないかと考えています。

 ただし私の類推は真実を確認できません。なにしろデータを把握しうるのは電力会社だけだからです。くやしくて仕方がありません。

しかし水増し論の証明方法があります。この夏電力が賄えると水増し論が証明できます。夏に稼動していた全原発の発電量を正確に把握しておくのです。

そうしておいて、さあ電気を使ってと電力会社の営業に乗せられ、田舎にどんどん建設された商業施設や箱物で、人影もまばらなのに全館を冷やしていた電気量。

 照明をピカピカにするとお客さんがたくさん来て儲けがでますよと言われ忠実に実行していたパチンコ店、24時間営業していたコンビ二、その店たちが節電、営業時間短縮を実行すれば電気は足りてくると思います。他にもムダに使っていた電気をただ止めるだけで電気は足りるはずです。

私はこの夏を楽しみにしています。

« 失恋で自殺 | トップページ | 自作測定器と精密コンデンサー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39974374

この記事へのトラックバック一覧です: 原発停止による電力不足:

« 失恋で自殺 | トップページ | 自作測定器と精密コンデンサー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ