« 第二弾プリアンプの準備 | トップページ | 原発は現場主義で »

2011年5月 6日 (金)

現地へ行かなければならない人々

福島原発の敷地、避難区域に家があり、やむなく避難所で暮らしている方々のところ。

この2箇所に行かなければならない人達がいる。

原発を国策としてどんどん建造していった人達。

政治家で言えば、自民党の族議員である、中曽根康弘氏、甘利氏、細田博之氏、そして元参議院議員で現東電顧問の加納氏。まだまだたくさんいる。

経済産業省の元官僚で、原発関連の法人を作らせ、そこに天下った人達。

原発を製造した東芝、日立の社長。

さらには原発推進組織の周りで、安全神話を説いて回った御用学者。原発反対の動きを報道しようともしなかったメディア(産経新聞、読売新聞など)の社長達。

 東電の清水社長ひとりに、全部責任をひっかぶせて知らん顔はないと思います。

人間であるなら、人の心を持っているなら、避難所に言って、「私たちのせいです。申し訳ありませんでした」と誤るべきでしょう。

自民党の族議員たちはこの時期に、また原発必要論を展開しています。だったらその理論を避難所で説明して欲しいものです。

 救いは自民党の河野太郎氏。彼は原発を廃止すべきと主張しています。まともな議員もまだ自民党にいるのですね。

« 第二弾プリアンプの準備 | トップページ | 原発は現場主義で »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39880681

この記事へのトラックバック一覧です: 現地へ行かなければならない人々:

« 第二弾プリアンプの準備 | トップページ | 原発は現場主義で »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ