« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

オークションは何を見ていますか

オークションは便利なものである。

ネットオークションは本当にネットの利便性を最大限利用している。

全国のありとあらゆるところにある、ありとあらゆるものが出品されている。

ネットがなければ、その品物の存在のありかさえも知ることが叶わず、入手の機会さえない。

 またいろんなカテゴリーを見るのが愉しい。

スピーカーでは、見るメーカーを限定している。アルテック、JBLの昔の物が中心だ。ソニーのスピーカーは見ない。国産で見るのはビクターのSX-Ⅲシリーズや三菱の古いモニターの系統。

アンプはやっぱりラックス。古いものから最近のものまで、よくできた機械が多い。L45Aなんか素敵。マッキンとマランツも見る、買えないけど。クォードのものもデザインがよくて見るだけで愉しい。手元に入手しても使いそうにないけど。

チューナーは結構幅が広い。ヤマハ、トリオが中心。KT-9700等昔の高級機が本当に安く手に入ることもある。

プレーヤーはデンオン、ビクター、ヤマハ。GT-750やQL-7があれば掘り出し物。あまり大きなDDは見ないけど古すぎるベルトドライブもゴムがだめ。

アームはSME、オルトフォン、オーディオテクニカ。カートリッジはソニー(おお、ソニーだ)のMC、シュアー、デノン、オルトフォンといったところ。

自作真空管アンプは全て見るようにしている。製作者の心意気が伝わるものを見た日は、とても愉しくなる。

ビンテージ倉庫に出かけなくても楽しめるから、オークションはいいなあ、家族は怒ってるけど。

2011年5月29日 (日)

ヴァージンパーツ

最近遅まきではあるがオークションにはまり、トランス、球を中心に落札している。

大体市場価格の三分の一の価格。

届くパーツの程度は千差万別。めったにないが新品に近いものもあれば、傷、へこみ、塗料剥がれ、著しいときは積年の汚れ・ホコリがそのまま着いているものも。

 自分自身が年を取ってくると、中古部品がいとおしくなる。

数十年間、物置に放り込まれていたアンプを入手したこともある。手で触れない、何しろ鼠のおしっこがかかってるかも知れない。

手袋とドライバー、ニッパーでアンプからトランスをはずす。ネジ・ナット類はビンのふた等に入れておく。

 はずしたら濡らしていいところは、捨ててかまわぬ雑巾を絞って拭いていく。おおまかな泥・ホコリを取る。次は中性洗剤と歯ブラシでこびりついて固まった汚れをとる。何度もこすっていると取れてくる。綿棒を使うこともある。

ネジやナット類はシリコンコンパウンドとウェスで磨いていく。そうとう赤錆で変色していなければこの方法でピカピカになる。

 全体が終わったらこの時点で、再度塗装するかそのままで使うかを判断する。

再塗装の時は、カバーを分解して、盛り上がった錆びの部分を紙やすりで平坦にする。

錆びの除去が終わったら、目の細かい(1000番くらい)紙やすりで全体を凹凸なく仕上げる。もちろん金属の下地がみえてくることもある。

そして塗装。ここまでの工程で、必要な意識は

「塗装後は必ず新品同様にドレスアップしてやるよ」という気持ち。

きれいになったトランスを見ていると、トランス自体も喜んでいるように思える。またまだ活躍してくれそうな気がしてくる。

 最近、新しいトランスを購入していない。買ってぶつけて傷が着いた瞬間、中古品と同じになるなら、初めから安く中古を入手したほうがよいと考えるようになった。エイジングも進んでるし。

 サイフの制約と中古品への思い入れ。すぐに使うわけでもないのに気に入れば手元に集めている。

古いものをバカにしちゃいけないよ。人間だって同じ。古いものこそ時間の中を歩んできた経験と強さがあるんだ。

あと10年したら、有り余る時間をこの部品たちと過ごそうと思ってる。そのころ部品たちは40年選手。自分と部品とどっちが長くがんばれるか勝負だ。愉しい勝負が待ってるんだ。

過ちのあとはどうすべきなの

小泉元総理「原発推進で自民党も過ちがあった」と横須賀の講演会で発言。さすが無責任男変わり身の早さ特筆物。

それから石破さんも「事故は自民党にも責任がある」と先日発言。

 過ちをわかっているなら、とるべき行動があるはずです。

そう謝罪です。何で謝らないのでしょうか。何でいまだに謝らずに自民党の党首は国会で、事故発生当時の総理の取った、注水に関する行動に対して突っ込んでるのでしょう。

そもそも事故を発生させたのは自民党にも責任があると身内が言ってる訳でしょう。

頭が悪いなあ。それから麻生元総理。彼も現総理を責めていますが、彼が総理任期中に事故が起きていたら、菅さんのありさまどころじゃなかったと思うのですが。

山本太郎さん

今話題になっている人ですね。

反原発の発言、行動が理由で出演予定だったドラマから降ろされたそうですね。

「天才たけしの元気がでるテレビ」という昔の番組で、「ダンス甲子園」というコーナーがあって、高校生がグループで登場して踊りのうまさを競っていました。

そのコーナーで異色のキャラクラーとして、大阪箕面自由学園から出演。海パン一丁、全身にオイルを塗って、おかしな踊りで笑いをとっていました。

気付けば彼はちゃっかり芸能界に入っていました。その後の映画、ドラマでの活躍はご存知のとおり。

 さて今回の原発事故以降、彼はお母さんと一緒に反原発の集会に参加したりと個人の自由意志に基づいて活動しました。

 今まで、芸能人が反原発という反社会的?活動を起こすと、仕事を干される、芸能界から締め出されることが当然のルールでした。

これは電力会社や電気メーカー、メディア、学識者がスクラムを組んで、国を挙げて原発を推進していたため、国民の前で目立つ立場の人(芸能人や著名人)の発言をことこまかにチェックして、目を光らせていたためです。

 しかしながら、原発の安全神話がまっかな嘘だったことがはっきりした現在、もうこの縛りは今後無くなっていくと思われますし、原発推進勢力だった方々は今後、訴訟を起こされ罪を問われていくことになると思います。覚悟をしておいて欲しいものです。

これから原発の扱いに対して世の中が変わろうとしているこの時期に、山本さんをドラマから降ろした、スタッフ、テレビ局、スポンサー達やその行動こそが罪を問われるべきだと思います。

2011年5月28日 (土)

自作歪率計の弱点

自作の歪率計を使って思うこと。

よいところ

1.ツインT型3段により、フィルター効果が大きく、外部メーターにFS・1mVの電圧計をつなげば、結果的に0.001%FSの歪率計となります。

2.使用中のトラブルも回路が頭にはいっているため、解決が容易。

弱点

1.手動であるため、測定の都度、校正が必要であり、測定ポイントが多い時は煩雑である。

2.上記から、時間がかかってしまい、出力100Wのアンプ測定時は、球やダミー抵抗に長時間電流、電圧の負荷がかかる。あちちになって心臓バクバクです。この点メーカー製の自動測定器は本当に便利。

現実的には

1.では高価なメーカー製自動器を買うべきかと考えると、実際高価である。

2.しかも使用頻度は年数回かもしれない。寡作の方は。

3.メーカー製は43cm幅であり保管に場所をとる。使わないときは本当に邪魔である。

4.実際に手動で校正を繰り返しても、慣れてくると案外手早くできる。

結論

1.やっぱり自作したほうがよいです。

2.でもHP334Aという古い機種は、FS0.1%で発振器は内蔵していないが、自動で入力インピーダンスが高く、球アンプにはもってこいらしい。これで中古3万円以下ならよいかも。

3.自作か既製品かの価格的ボーダーは2万円から3万円といったとこでしょうか。

2011年5月26日 (木)

熊本市ジャズ喫茶 おくら

今週は仕事で4日間熊本滞在。

この前買った、九州ジャズ喫茶めぐりの本を頼りに、今日熊本の上通りを抜けて並木坂にある「おくら」という店に行きました。

6時頃、店のドアを開けると、人は誰もいない。ただジャズは鳴っている。しょうがないから、適当な席に座って待つこと6分。

マスターが戻ってきた。「だれもいなくてどうしようかと思ったんですよ」「ちょっと買い物に行ってて」

九州だからありえる話です。東京じゃこんなことないかも。留守中に黙って撮った写真です。

Photo

私の後にすぐ、男性3人が入ってカウンターに座りました。じっと聴いていると音楽好きなお医者さん達らしい。

 若い女性が一人で入ってきて、カウンターでカレーを食べて出て行きました。

マスターは生真面目な印象のかたです。髪を後ろでくくってて生真面目な志村けんみたい。

音楽は、最近のロックっぽい奴がかかっていましたが、次はレコードでレッド・ガーランド。次はCDの新録でサックスとギターのもの。次はレコードでビル・エヴァンス。

オ-ディオはスピーカーがJBL4333Aスタジオモニター。CDは低域も迫力があって、高い方はそれほど明確な音ではないけど一聴してA級の半導体アンプで鳴らしてるような密度のある音。

なんだろうとカウンターに近づくとなんと真空管アンプ。壁にくっつけて横顔しか見られないアンプ。

でもよおく見ると、前段にGT管4本。出力管は太いのが2本。OPTはどう見てもタンゴ。

「これシングルアンプですか。KT88かなんかですか」「いえ私も詳しく分からないけど833という球です。以前は811Aだったのですが」

なるほど直三菅ですね。でも結構低域が出ていました。

カウンターはドクターたちが独占していたので、ボックス席で熊本名産の「タカナピラフ」とビールとハーパーのロックをご馳走になって約1時間半で引き上げました。

行ってよかった。ライブが多いようです。今日はやっていませんでしたけど。

トランペッターの近藤等則さんも登場するようです。

 また来よう。今度はカウンターに座ろうと思います。

2011年5月25日 (水)

耳が測定器

そうおっしゃる方がいます。

「いい音、悪い音は私の価値基準、よって私がいいと思えばいい音。悪いと思えば悪い音。

私の耳は確かです。だから私の場合は耳が測定器なのです」

 私はこういう方を知っています。否定するつもりはありません。

どうぞそれで行ってください。ただし、貴方の作ったアンプを人に譲るときは、とりわけお金と引き換えに譲渡するときは、ご自分より経験の浅い、音の聞き分けのできない方にしといた方が賢明ですよ。

 主観を言えば、きちんと周波数特性、歪率特性を計る方は、見た目も特性もいいアンプを作られる傾向があります。

 それだけ作品に責任を感じるからでしょう。ひっくり返してシャーシ裏を見られても恥ずかしくないように、きれいな配線を心がけてらっしゃいます。

測定をされない方で、雑誌の製作記事を習作される方の中には、丁寧に作られるかたもいらっしゃいます。そういう方には測定をお勧めします。

 どこをどういじると、特性がどう変わるかがわかり、性能向上のためのスキルアップになるからです。

 私は初めて自作アンプをオシロで見たときに、盛大なリンギングにショックを受けたものです。案の定、補正すると聴きやすい音になりました。

 それまでは、刺激があって逆にいい音だと思っていたのです。大きな間違いでした。

発振器(方形波出力あり、歪精度0.1~0.2%でもOK)、オシロスコープ、交流電圧計(2CH型)、ダミー抵抗(8Ω30W程度:アンプに合わせて)は用意しましょう。

 これで周波数特性は計れます。方形波入力でピークが分かります。正弦波を入力し、その電圧を上げながら、出力側の波形のクリップで歪3%程度の出力(実行出力)が分かります。

人間の耳ほどあてにならないものはありません。

突然聴かされたアンプのカップリングコンデンサーのメーカーを当てよ、と言われても全く不可能です。

どう考えても安全じゃない

福島原発は次から次にメルトダウンしています。その原因は災害で外部電源が遮断されてしまったこと。

これにより炉の注水が不可能になり、炉心が高温になってしまったこと。

当初、自家発電機を回すことができれば送電も可能でメルトダウンも防げたかもしれないとの見解がありました。

 これも津波で水を被ってダメだったようなことを言っていました。

この最近、当時は送電線が地震で切れたり、鉄塔が倒れて送電不能だったとの報道がありました。このレベルの地震なら当然ありえます。

 じゃあ、堤防を高くしたら津波を被らずに発電機が回せるかといえば、そんな簡単なことではないと思います。

 この地震の状況の中で、発電機が損傷を受けずに無事でいる可能性や、発電機設置場所の地震による変化、例えば液状化で発電機に近づけないとか、複数の要素で発電機使用は回せない可能性のほうが、無事に回すことよりはるかに高いと思います。

 根本的な話をすれば、原発ははなっから、日本の沿岸部に作ることが危険なのです。

日本列島は地震と地殻変動によって、大陸から離れてできた島です。さらに地球はまだエネルギーを持っています。大規模地震は今後も必ず発生します。

目先の金もうけで、国民の健康や生活を破壊することはもういいかげんにすべきです。

2011年5月23日 (月)

電源トランスの5V端子

ああ、困ったことである。

オークションで落札した高電圧タイプの電源トランス。DA30用に500Vの端子が出ているのはありがたいが、整流管用の5V巻線は、容量が2Aです。

背の高いDA30と並べて、見劣りのしない整流管は、欧州管なら、GZ37、U18/20、AZ50あたりです。アメ球なら5U4、5Z3あたり。

でもこれらは、ヒーターの容量が2.7Aから3Aなのです。

一方2Aで探すと5AR4、5R4GYあたり。

 5AR4は背が低くつりあわない。5R4GYは背の高さはあります。高電圧入力もOKです。でも私は音が好きじゃない。厚みやゆとりを感じないのです。

そんなことないよ、とおっしゃる方もいるでしょう。でも私は好きになれないのです。

 GZ37の方が好きなのです。

どうしましょうか。他のヒーター用巻線は3巻きあります。でもDA30の4V2Aフィラメント用に2巻、前段の6.3V用に1巻をあてがうと、足らないのです。

5V1Aの小型ヒータートランスをシャーシ裏に忍ばせ、並列で3Aとして使いましょうか。

 最悪あのRCA・5R4GYを使うしかないのでしょうか。

ミルシテイン

ふとCDの棚からナタン・ミルシテイン(ロシア出身1992年88歳にて没)のバイオリンソロを取り出した。

グラモフォン「JSバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ:1973年録音」の2枚組みCDである。

何年か前、買ってすぐに聴いてからかけていなかった。当時録音もそれほどでなく、少しヒステリックな音だなという印象だった。

 今年に入り192KHz対応のデジタル変換装置を入れてから、どうだろうと思って再生してみた。

 楽器の音が明瞭で、弓が同時に多弦を弾き複数の音を奏でるのがよく分かる。録音も以前のヒステリックさが後退している。

しばらく聴いていたら、あっという間に時間が過ぎ、1枚が終わってしまった。演奏自体に聞き入ったのは久しぶりだ。

 この録音時、ミルシテインは70歳前だったという。しかし腕はしっかりしており、年齢からくる経験、生真面目さ、甘美さが確かに伝わってくる。 オイストラフとはまた違った魅力だ。

 聴いていてつくづく音楽は、生活と心に余裕がないと味わえないものだと実感する。芸術全般がそうだ。今現在自然災害や人災の影響で不便な生活を余儀なくされている方々の心を思うと、自分がゆっくり音楽を聴いていることさえ申し訳なく思えてくる。

 演奏家が被災地を訪れ、避難されている方々の前で演奏をしている。ゆとりを取り戻して欲しいという願いと実際の行動に頭が下がる。

 人災と天災からの速やかな復旧を願っている。自分にとって寄付金という形での協力以外に、今現在どんな協力方法があるのだろうか。

2011年5月20日 (金)

大阪府知事と君が代条例

この最近橋下府知事が、国家斉唱のときに起立しない教師などの公務員に対して罰を与える条例をつくると発表しました。

 昔から続くこの問題ですが、私は解決の方法を見出しました。

君が代はその歌詞のとおり、天皇陛下を讃える歌です。あなたの世代が未来永劫つづきますように、小さな石が大きな岩になりコケがはえるまで、という内容だと理解しています。違ってますかね。

この歌を歌うときに起立しなさいということは、天皇陛下に対する尊敬の念を表すためだと理解しています。

であれば、解決策は明快です。天皇陛下にお尋ねすればよいのです。大阪の府知事は君が世斉唱の時に全員に起立することを法律に定めようとしていますが、いかがお考えでしょうかと。

私の予想では、とても国民に対して理解があり、リベラルな天皇陛下は「強制になるものではありません」とお答えになると思います。

 事実があります。何年か前、皇族方と一般著名人の交換会のとき、当時の東京都教育委員会委員の米長邦雄(将棋の名人)氏が

「私の仕事は、国家斉唱のときに、全員を起立させ国旗を振らせることです」と陛下に向かって発言した時に、陛下は少し立腹された様子で

「強制になるものではありません」と言い切ったのです。うんざりされたのでしょうね。この下品な人間に。

 今回、橋下知事も陛下のご立腹を誘わないためにも考え直したほうがいいんじゃないですか。陛下に嫌われますぞ。

 

人類、自然、地球

未だ原発の対応は先が見えていません。

今回の事故、地震、津波のことを考えていました。

 津波に関しては、吉村昭さんの「三陸海岸大津波」を読んでみました。

著者は津波の専門家ではなく、三陸が好きな旅行者であり、ある日津波のことを旅先で一人のご婦人から聞き、依頼興味を持って、ひたすら人の話や資料を収集し一冊の本にしたという。

初版出版が昭和45年だから、40年以上前の話。

著書には明治29年(1896年)と昭和8年の三陸を襲った津波に関して克明に、被災地のそのときの状況などが記されている。全て著者が足で歩いて集めた情報です。

さらには三陸海岸を襲った大きな津波が西暦896年から昭和8年の間に19回発生し記録に残っているという。

 この本を読むと福島原発の建設を決めた時に、推進責任者は三陸海岸の過去の津波、台風、高潮などの大規模自然災害に関して情報を集める努力をしたのかと、疑いたくなる。

吉村氏の本を読んだのだろうかと思う。

 この本を読んでいて、一番興味をひかれた部分があります。

「津波の歴史」という章です。

 ここでは過去からの日本を襲った津波にふれています。

1771年石垣島が襲われ死者は島民17000人のうちの8500人。

1792年には火山噴火に伴う津波が島原半島を襲い、死者は15000人、

1854年に房総半島から九州にかけて発生、死者3000人。

1994年と1946年には、地震による津波が南近畿地方を襲い、死者それぞれ1000人、1300人

人間は近視的な生き物だから100年何もないと、安全だと考えてしまうのでしょうね。

特に日本人は、目に見えなくなったものはすぐに忘れてしまうという国民性があります。

「九州は地震なんか来ませんよ」福岡の不動産屋の方は、地震保険に入りたいと言ったうちの家族に言いました。翌年西方沖地震がおきました。

 もっとマクロで考えると、人類は大きな災害の合間に、土地の上に文明を築き、災害が発生するとそれが破壊されるという経験を繰り返してきています。問題なのはこの合間の長さです。

長すぎると災害を忘れてしまいます。この本でわかったことは、地震と津波はやむことなく、必ずこの先も繰り返されるということ。

 それを見越して生活を営まなければならないということ。

どうみても、島国で(周囲が海)、地震が多い日本に原発を建てることが、理にかなっていないことが分かります。

これは堤防を高くすれば済むといった問題ではありません。先般も書きましたが、災害はいろんなモードで発生します。津波、地震、高潮、台風。場合により複合された形で発生する可能性もあります。

それに対する二次被害は地割れ、海没、液状化、建造物崩壊、停電、これらも複合状態で発生する可能性があります。結果として原発の管理不能状態の発生、何しろ計器類が停電で使えなくなったらまさに無管理状態です。今回のメルトダウンも分りませんでした。

最悪は運転中の爆発、放射線の飛散拡大が考えられます。

 浜岡原発は停止させましたが、停止状態でも災害が起きれば危険です。今後は核物質は非核三原則+「エネルギー利用しない」で行くべきでしょう。

目先の金を優先するのか、人類の安全(もし少しでも長く地球上で生活したいのならば)を優先するのかで判断すべきです。日本人全員が待機しろと言わても行くところはなくなってしまいます。これだってありえない話ではないと思います。

2011年5月19日 (木)

勝負球は何ですか。

前々から、のどから手がでるほど欲しかったPP用のOPT(容量約50W)が手に入ったとします。

情報量多く、帯域のバランスもレンジも広く、特性が安定していて、楽器の音をあますところなく再生するトランス。

さて、あなたなら出力管は何を選びますか。どの球でそのトランスを駆動しますか。

 このさい300Bは除外して、何しろ50W以上出すことを考えてください。

 今まで使った球、6L6GC(GE)、EL34(ドイツ製)、KT88(GEC)、6550(GE)、UY807(RCA)、6L6G(STC)、6384(CETRON)。

でもいずれもこれだという決定打はありません。それぞれ短所・長所があります。

あとはまだ、未体験の8417、7591、EL156、あるいは欧州球かな。

皆さんは何を起用しますか。勝負球を教えて欲しいのです。

2011年5月16日 (月)

自作測定器と精密コンデンサー

発振器や歪測定器のフィルター部分に必要とされる精密な公差のコンデンサー。

現在、パナソニックがECQPシリーズ1%精度のコンデンサーの製造をやめてしまっています。

ではもう測定器の自作は不可能かといえば、そうでもありません。

たとえば、0.01μのコンデンサーが欲しい。これが0.0107μ(+7%)でできている場合でも、結局のところ、フィルター部分ではRを可変させて調整をとりますので、7%オーバーでもRを減じて周波数を合わせることができます。

 問題なのは、コンデンサーの周囲温度の変化に対する容量変化です。

私の経験では、5℃から35℃の間で容量が数%の変化なら問題なしと考えます。

端的に言えば、できあがりで7%オーバーしていても、いつも20℃の環境下で一定の容量であれば、問題ないと考えています。当然測定時は20℃の環境下で行うことを守ること。

よって、測定器自作には精度はそれほどシビアに考えなくてもよいと思います。

2011年5月13日 (金)

原発停止による電力不足

この夏電力不足が予想されています。

いまだに原発でお金をもらった週刊誌メディアが、「もし原発がなくなったら生活はこうなる」という記事を書いています。

内容は、電気料金が跳ね上がり食卓から冷凍食品が消える、高層マンションのシャワーから水が滴るだけ、これらが原発0の代償ですって。

バカだねえ、こんな記事しかかけないのでしょうか。この程度の脳しかないから、原発推進に盲目的に乗っかってしまったのでしょう。

 人はバカじゃないから事前に手を打ちます。原発代替エネルギーもどんどん採用するでしょう。これは当然の流れです。

火力発電は二酸化炭素排出が多く環境に有害だとの論があります。放射線は環境に有害ではないですが、人体への害は二酸化炭素の比ではありません。環境省も経産省も放射線に対し環境上なにも縛りをかけていません。法律も作っていません。なぜなら国策で原発を進めてきたから。

この週刊誌の記事は、代替措置もなにもせず、ただ現状に対し原発を0にしたら、という前提なのです。

こんな週刊誌の記事の内容をみると、自分たちの取ってきた立場から、原発被害の記事はほとんどありません。書けないのでしょう、代わりに政治家が影でこんな発言をしたとか、有名人や皇族のゴシップばかり。このメディアのお粗末さが透けて見えてます。

 私は原発が本当に全電力の中で賄ってきた電力量を信じていないのです。なぜならそれらは原発建設を推進する為に使われた数字だから。水増しもあるのではと疑ってしまいます。

なぜなら、東電初め原発運転のためなら、捏造したり、隠蔽を繰り返してきた企業が発表した数字だから。一事が万事だと思っています。

 原発を止めると大々的な計画停電が必要だと、大風呂敷を広げました。政府もあわててそれを信じて突然計画停電の実施を発表しました。しかし現実は当初の発表と食い違っていました。計画停電のない日も結構ありました。もちろん、国民の節電効果もありますが、このへんから数値が怪しいと類推できます。

 原発護送船団の思惑はこうです。①原発建設は儲かる。②よって各地にどんどん新しく建設したい。③そのために電気をどんどん使って欲しい。③そうして原発が全発電量の多くを占めてきた。

②から③の流れの中で、原発の実際の発電量を水増ししていると考えています。本当はそうでもないのではないかと考えています。

 ただし私の類推は真実を確認できません。なにしろデータを把握しうるのは電力会社だけだからです。くやしくて仕方がありません。

しかし水増し論の証明方法があります。この夏電力が賄えると水増し論が証明できます。夏に稼動していた全原発の発電量を正確に把握しておくのです。

そうしておいて、さあ電気を使ってと電力会社の営業に乗せられ、田舎にどんどん建設された商業施設や箱物で、人影もまばらなのに全館を冷やしていた電気量。

 照明をピカピカにするとお客さんがたくさん来て儲けがでますよと言われ忠実に実行していたパチンコ店、24時間営業していたコンビ二、その店たちが節電、営業時間短縮を実行すれば電気は足りてくると思います。他にもムダに使っていた電気をただ止めるだけで電気は足りるはずです。

私はこの夏を楽しみにしています。

2011年5月12日 (木)

失恋で自殺

種子島出身の24歳の女性タレントが自殺しました。

最後のブログでは、どうやら原因は失恋だったようです。

 もったいないなあ。若いのに。失恋で自ら命を絶たなくても。

失恋はまた、もう一度人を好きになれるチャンスなのに。また一回り優しくなれるチャンスなのに。

 心が弱かったのか、失恋だけじゃなくて、ほかにも悩みがあって、とうとう心が折れてしまったのでしょうか。

みんさん、失恋で命を絶ってはだめですよ。あとになれば、いい思い出になるのですから。

彼女のご冥福を祈ります。

新プリアンプ用VUメーター

以前、書店で電子工作の本の中にVUメーター駆動回路を見つけました。

その記事のために本を買うのももったいないので、その記事を立ち読みして、回路を暗記して、クルマに戻ってメモに書いてみました。

 これは罪になりますか。簡単な料理の本から、簡単な酒のつまみ用レシピを覚えるのと同じ程度だと思うのですが。

Img_1590

それで、基板に組んでメーターを振らせてみました。左右でレベルが違うのは、グルミュオーがピアノとデュオで演奏しているCDを再生しているからです。

やはりピアノは後ろにいて音圧が弱いようです。

今悩んでいるのは、アンプのパネルに対するメーターの実装形態です。

①そのままメーターをフロントパネルに取り付けるか、あるいは②パネルにやや小さめの窓を開けて、パネルの後ろからメーターを取り付けるか。

①はメカニックな印象となります。②は落ち着きがでますね。

パネルの色も悩んでいます。グレーは飽きたし、黒も嫌だし、そのままアルミを研磨しヘアラインで仕上げるか、あるいはアルテックグリーンでいくのか。

また報告します。

2011年5月11日 (水)

ユッケ大好き

O111でユッケを食べた4名の方が亡くなりました。

件のお店では、ユッケは290円だったらしい。

 私が食べにいっている、お店は安くはありません。ユッケは940円くらい。

通常の国産の肉ならそんなに安くはありません。安いには訳があります。古いとか、手を加えてない、つまりそぎ落とすことも、アルコール消毒なども一切やってないなど。

本来安全のために、人の手をかけることを価格優先で省いているのです。

 今回の事故で国は規制を作ろうとしています。

根底は原発事故と同じ、まさかうちの商品で死亡事故なんか起きないだろうという、甘い想定。

「安いからしょっちゅう食べにきてるんですよ」これは危ない、リスクが高くなります。

私がもし安いところで食べたくなれば、そのお店から食品加工工程の説明と作業実施記録を見せてもらいます。保健所の立ち入り検査を受けているのならその記録も。定期的な細菌検査の実施記録を確認してからにします。

私はユッケを食べ続けます。好きだから。でも安いものは避けたい。また年齢から頻度は下げています。3ヶ月に一度くらい。これも健康のためです。

 

2011年5月10日 (火)

女性にもてる方法

いよいよこのブログも終末に近づいているのか、究極の恋愛ネタの登場となりました。

これを書けば恋愛カテゴリーは終わりにしていいかな。

ところで、もてていますか貴方。

もてるというのは別に複数の女性に好意をもってもらわなくてよいのです。

たった一人の女性だけでいいのです。

 もてない人ともてる人の違いを列挙します。

もてない人、ぎらぎらして女性に取り入ろうとするが嫌われる。

もてる人、女性に取り入ろうとしない。特に女性が興味のNo.1でない。

もてない人、世界がせまく、話がつまらない。世俗の話ばかりで夢がない。

もてる人、いろんな経験があり、話がおもしろく、いつまでもそれを聞いていたいと相手が思う。

もてない人、他人の気持を理解しようとしない。あくまでも主体は自分である。自分に対する利害関係で相手を判断する。

もてる人、困った人がいれば助けようとする。困った人はお年寄りでも、子供でも、若い女性でも、同僚でも分け隔てなく助けようとする。

もてない人、感覚と気分で行動する。主張も一貫していない。よって回りからあの人はそのときの気分で動いていると思われている。

もてる人、理論的に行動する。よって回りから信頼され、頼れる人だと思われている。

もてない人、お店でも、自分の順番や、客としての権利を振りかざす。

もてる人、お店の中でトラブルがあると、自分から譲り、その場をうまくおさめる。

 もうお分かりでしょう。

もてる人のところをよく読んでください。「わかってるよ、そのとおり行動してるんだけどもてないんだよ」とお考えの方は、実はそのとおり行動できていないのでしょう。

もてたくても持って生まれた性格もあります。性格を変えることはなかなか困難です。それでも気がついて、自分を変えられる方もいます。

私は50代になって、やっともてる人の境地になりました。実は独身の頃は、趣味が(酒とオーディオ)一番で、女性とつきあうとそれらが全部できなくなると考え、女性には必要以上近づきませんでした。

それでももてない男の範疇にはなかったので、30過ぎて結婚しようと思ったときは、すぐに相手が見つかりました。

今や犬と散歩をしていると、小学生の女の子や、私より年上の女性たちとよく話をします。彼女たちの心配ごとはなにかなとか、どんな話をすると目が輝くかに気を配っています。

あのころのプリメインアンプ

先日ハードオフでコロンビア製のジャンクのアンプを買ってきました。値段は2000円。

目当てはケース。これを自作CR型プリに転用しようと。

Img_1498 Img_1499

これ本体を抱え上げると、結構カチッとして剛性を感じますが、ケースの上板をはずすと、結構ペナペナ。上板自体も1mm厚の鉄板でペナペナしています。

下の画像は解体前。左側のトランス2個は別あつらえの鉄板に乗っており、この鉄板自体が側板と底板の固定と強度補強に一役かっています。

まあコストダウン目標よろしく考えられて設計されています。

 このあと、中身を全て取り出しました。液晶部をラジペンで無理やりはずそうとしたら、割れたガラスで指を怪我をしてしまいました。ボンドで固定されていましたが、結構強い。

そうそうフロントパネルの裏はボンドだらけでした。

基板に実装されたVR類も安価なものでした。ディスクリート部品も現在のものに比べて大きいのです。

背面パネルのRCAの連結ジャック類はそのまま流用するつもりで、手をつけていません。

デノンではなくコロンビア製なので、何年くらい前のものでしょうか。

結局中身をカラッポにするとケース自体はグニャングニャンで、全てを組み合わせて蓋をしないと剛性は出ない構造です。

ま、いいか。縦88ミリ×横430ミリの薄型に組みたかったので。

今フロントパネルをデザイン中です。

2011年5月 9日 (月)

原発は現場主義で

浜岡原発の停止指示を総理大臣から受けた中部電力。

すぐに受け入れるかと思ったら、そうすんなりとも行かないらしい。

物作りをしている企業で重要なのは、現場主義である。トラブルが発生すればまず、現場でなにが起きたか、原因はなにか、対策は何が必要か、事実をもとに考えること。

電気を作っている電力会社。今回の総理の指示に対し懐疑的です。原発を止めると、電気がたりない。経済活動に支障をきたす、などがその理由。

電気事業連合会に所属している、国内の電力会社は、福島第一原発に行ったのでしょうか。放射線被害による避難勧告を受け、自宅に帰れず避難所で暮らす方々の生活を見にいったのでしょうか。

その状況を踏まえ、自分たちの原発で絶対に実施しておかなければならない、緊急事態訓練は何かを検討したのでしょうか。その実施プランを作成したのでしょうか。

 「堤防を何メーター高くしたから、保安員もOKしてくれた、非常用の電源を何台か用意したから電気が止まっても大丈夫で認可をもらった」

この程度で大丈夫なのでしょうか。

 災害の想定が甘すぎます。日本人の最大の欠点は想像力が乏しく、経験した範囲の中でしか物事を考えられないということ。

今回も東北大地震と津波の被害の範囲内だけで物事を考えようとしています。

 そんなんじゃダメです。無能な集団です。

それぞれの原発の立地条件、起きうる災害から、さまざまな状況が考えられます。

地震で液状化が起きて、原発自体が孤立化し外部から近づけない状況も考えられます。それこそ、手つかずの放置状態もありうるのです。

大地震により、原発の建屋事体がもろとも海没した場合はどうでしょう。海に放射能が垂れ流しになります。

重要なのは、あらゆる場面を想定すること。ブレーンストームでどんどん出し合うのです。ブレーンストームは仕事で使われますが、可能性の低いもの、荒唐無稽なものは割愛する暗黙のルールがあります。

 しかしこと原発に関してはこの制限を設けるべきではないのです。

これだけ想定して、ここまで手を打っていると言う報告書を提出すべきです。なにより巨大地震はこない、30m級の津波なんかは来ないという想定が崩されたのですから。

保安委員も、少しは頭を使ったらどうでしょう。

結論:電力会社は現地を見て、さらなる想定を熟慮、加味して対策を考えよ

2011年5月 6日 (金)

現地へ行かなければならない人々

福島原発の敷地、避難区域に家があり、やむなく避難所で暮らしている方々のところ。

この2箇所に行かなければならない人達がいる。

原発を国策としてどんどん建造していった人達。

政治家で言えば、自民党の族議員である、中曽根康弘氏、甘利氏、細田博之氏、そして元参議院議員で現東電顧問の加納氏。まだまだたくさんいる。

経済産業省の元官僚で、原発関連の法人を作らせ、そこに天下った人達。

原発を製造した東芝、日立の社長。

さらには原発推進組織の周りで、安全神話を説いて回った御用学者。原発反対の動きを報道しようともしなかったメディア(産経新聞、読売新聞など)の社長達。

 東電の清水社長ひとりに、全部責任をひっかぶせて知らん顔はないと思います。

人間であるなら、人の心を持っているなら、避難所に言って、「私たちのせいです。申し訳ありませんでした」と誤るべきでしょう。

自民党の族議員たちはこの時期に、また原発必要論を展開しています。だったらその理論を避難所で説明して欲しいものです。

 救いは自民党の河野太郎氏。彼は原発を廃止すべきと主張しています。まともな議員もまだ自民党にいるのですね。

第二弾プリアンプの準備

どうしても6DJ8イコライザを内臓したプリアンプを作りたくて、着々とパーツを集めている。

まずはケース。ハードオフでコロンビア製のトランジスタアンプ不動ジャンクを2000円で買ってきた。目的はケース。フロントパネルは幅42cm、高さ方向8cmでスリムである。

このアンプの中身を空っぽにして、フロントパネルも上からアルミパネルを重ねて、新しいプリアンプを組み込む。

PTはオークションで手に入れたハーメチックタイプのもの。0-220-250V・100mAであり、4本の6DJ8には各10mAの電流を流す。容量とシールドに関しては十分である。

このプリアンプ、とてもシンプルでつまみはボリュームとセレクターの2つしかない。

あまりに寂しいので、VUメーターをつけることに。

Img_1584 Img_1586 Img_1587

このVUメーターもオークションで入手したものです。ロバートという外国のメーカー製。ランプを点灯してみました。手に持つと重いのです。よく見ると、四角のケース枠はアルミダイカスト製です。

 透明パネルの内側が汚れていたので、何とかケース枠を開けてみたく、ようく見ると枠の側面に小さなイモネジが4個。これを回すときれいに枠がとれ、ガラスの内側、表示版を掃除しました。この透明パネルはガラス製でした。よくできています。1個1000円だったのでお買い得です。

手前に小さく見える緑の基板はVUドライブ用に今日作ってみたものです。

しばし眺めていると、楽しくなってきます。

この後は、イコライザやフラットアンプをひとつのユニットとして収めるアルミケースの加工。

フロントパネルの加工と作業が待っています。

 今度のプリは表面を梨地塗装で行こうと思っています。また途中経過を報告します。

2011年5月 3日 (火)

グリュミオーを聴いてごらんなさい

いやなことばかりのこのごろ。ややもすれば、正しくまっすぐ暮らしていくことすら見失いそうになる。

今朝CDの棚のクラシックのほうを何気なく見ていたら、グリュミオーのアルバムに目がとまった。

フィリップスの1000円廉価シリーズで買っていたもの。タイトルは「ツィゴイネルワイゼン・ヴァイオリン・リサイタル」、原題にはツィゴイネルワイゼンは入っていません。コマーシャルの為に邦人企業がいれたのでしょう。1962年にピアニストとデュオで録音したものです。

 DACなどを取り入れてから初めて聴きます。

一曲目モーツァルトのロンドを聴きはじめて、耳と心がつかまってしまいました。

彼の楽器から紡ぎだされる音楽の気高さ、気品、緊張、凛とした気配。

そしてなにより、ヴァイオリニストの中でも1,2を争うといわれる甘美な音色。

ヴァイオリニストの手や指はいったいどうなっているのでしょう。彼らは神から選ばれてそれらを授かっているのでしょうか。

 システムも情報量がUPされており、スタジオの中で聴いているような錯覚さえ覚えます。

 心が洗われるというか、再度きれいに洗浄された気分になります。

「精神をしっかりさせ、ものごとに向いなさい」彼はそう語ってくれているようです。

あっという間に12曲が終わりました。

ときどきは、アルテュール・グリュミオー氏に接見しなければと、心に決めました。

2011年5月 2日 (月)

今つくりたいもの

優先的に作りたいもの。

1.6DJ8プリアンプ:EMTのイコライザにならった、宍戸公一さんが書いた記事。1本あたり10mA流し、迫力のある音がするらしい。すでに、ケースとPTなどはそろえている。

2.6RA8PPアンプ。ヤフオクでトランス類と球を入手しているもの。マルチアンプシステムは現在2WAY。高域用ツィーターを鳴らすためのもの。

3.DA30シングルアンプ。直熱三極菅の最高峰であるこの球を、格安で入手しています。高圧仕様のPTも、OPTのU808も手に入れつつあります。これをCR結合3段増幅で作りたい。300B?DA30の足元にも及びませんぜ。ポットでのアメ玉とは歴史が違いますから。

4.山根式3WAY,管球式チャンデバ。今現在、テクニクスのチャンデバがありますが、そのうち作ってみたいのです。

5.MCヘッドアンプ。FET式単電源、単段3パラ。デノンのAU301と比較したい。

6.UZ42PPA1級パワーアンプ。今充填乾燥中OPTを使いたい。42はいい、いいと言う噂を聞くので。

こんなところ。

あとツィーターにフォステクスT500Aを購入したい。ナイフの切れ味の高音がするんですって。

これらは、5年以内でかたをつけたい。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ