« 3年後日本は無人島に? | トップページ | プッシュプル回路のこと »

2011年4月19日 (火)

原発事故の初動について

現在事故の対応の初動の遅さについて批判が出ています。

後からそんなことを言っても無意味です。批判している人間が首相だったら、正しい対応ができたかと言えば、不可能だったに決まっています。

原発事故の対応は明確な方針を即座に決めて、それに基づいて動くことが必要です。そうしないと今回のような生半可な対応では、事態は収拾できません。

私がこのブログで廃炉を急げと書きました。しかしながら正式に廃炉が決まったのはその数日後です。

 莫大な金をかけて、多くの政治家、企業が推進してきた原発を、そのときの首相個人の判断で、即廃炉にしようと決断できるでしょうか。ほとんど不可能です。

逆に即廃炉を決めて、その方向で、放射線を被害が広がる前に、封じ込めることができても、なぜ廃炉にしたのかと、推進派が責め立てるに決まっています。なにせ大きな事故が起きていないのですから被害のことなど何も知らずに言えるのです。

しかしながら今回の事故で教訓ができたと思います。

結論として、ルールを作ってしまうことが重要です。

「自然災害で原発から放射線が漏れる可能性が発生したら、即廃炉」

こうしておけば、その時の首相は悩む必要がなくなり、即座に行動がとれるはずです。

いかがですか。すこぶる的を得ていると思うのですが。

 さて、原発を推進してきた当時の政府与党だった自民党と公明党。とくに自民党清和会の代議士さんたち。森、小泉、麻生、安倍の総理経験者の方がた、さらには東芝、日立といった企業出身で、自民党から立候補して議員になって推進の原動力となった方々。

 さらには福島に原発誘致を決めた民主党の最高顧問である渡部恒三議員、彼の甥の佐藤現福島県知事。このかたがたは、何らかの意見を述べる義務があると思います。たしかに何とか地元にお金がくることを希望して動かれたことは分かります。

黙っていないで、TVに出て今後はどういう考えで行くのか語って欲しいのです。選挙ではその意見を参考にしたいと思っているのです。

« 3年後日本は無人島に? | トップページ | プッシュプル回路のこと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39665128

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の初動について:

« 3年後日本は無人島に? | トップページ | プッシュプル回路のこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ