« 数万人単位 | トップページ | 原子力発電所② »

2011年3月14日 (月)

原子力発電所

福島の原子力発電所の状況報告をみていると情けなくなってきます。

「ベントは〇〇です。数値が〇〇です、以上」

これでは何がどうで、どういう状況だから、近隣住民は何をすればよいのか、今現在、これをこういうレベルに下げたい、手段はいくつかある、その中のこういう手段を取っており、結果として数値がどうなったなど人を納得させる説明ができていないのです。

勉強嫌いな学生の理科の実験レポートよろしく、ただ結果の数値が記載しているだけ、と同じです。むづかしいことを分かりやすい言葉で説明するのがプロです。

 今回の全てのトラブルは「想定外の激震があったから」という理由に基づいています。

 災害を予想しての安全設計に対して、それをはるかにオーバーした状況が発生する可能性があるなら(実際に発生したのですが)、最初から原子力発電所は作ってはいけないことになります。

 爆発の可能性、被爆の可能性に対して、近隣住民に、状況が変化するたびにあちこち動いて避難しろというのは、無理難題です。

 当初はそんなことは起きないからと住民を説得し、安全性を謳って推進したはずです。

今後原子力発電所を継続させるなら、マグニチュード20の激震に耐えられる設備を設計し、必ずその状況下でテストを実施し(自家発電機の動作は当然)、設計の妥当性を確認することが必要だと判断します。

 今現在の原発は、あらゆる災害環境を想定すると、なんの手段も持たない民間人が家の中でティラノサウルスを飼うのとおなじレベルだと思います。

トラブルが発生すると、遠隔操作が無理な作業も出てきます。炉心に近づき、被爆や爆発のリスクを負いながらの作業は、家の人がオリの中のティラノサウルスに竹やりを向けながら、恐竜の頭突きによってへし折れたオリの天井部分の細い鉄格子を修理するようなものです。

原発停止による電力不足が理由で計画停電が必要なら、電力会社はそれによる企業への利益損失の補填も考えなければならないでしょう。今回は激甚災害へのご協力で動いていますが。

今後のことはトータルで考えるべきだと思います。

« 数万人単位 | トップページ | 原子力発電所② »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39221417

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所:

« 数万人単位 | トップページ | 原子力発電所② »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ