« 原子力発電所 | トップページ | 原子力発電所③ »

2011年3月15日 (火)

原子力発電所②

福島原子力発電所が3月15日になって、危険な状態が進行しています。

今朝の新聞紙面では、他の地域の電力会社が、「現在の津波の高さの想定が、今回の東北地方での津波より低いので基準を変更して、万全を期したい」と述べたことを取り上げています。

これを読んで一層、電力会社への不安が募りました。津波の高さの問題だけではないのです。地震のエネルギーも当然考慮しなければなりません。

現在の原子力発電所の危険に対する対策の根本的な欠落は、実際の緊急事態の訓練を実際の環境下で実施していないことです。

なんらかのテストは繰り返していると思います。しかしその条件設定は、炉心の溶融や燃料棒の露出以前の条件だと思われます。まずそんな状態にはならないとの前提で、その前の段階で食い止められるかどうか、その時に稼動すべき設備が動くかどうか程度のテストではないかと思われます。

 本来実施すべきは、燃料棒を露出させ、炉心を溶融させて、どんな対策・手法で完璧に危険な状態を除外できるかを運転開始前にテストするべきだったのです。

しかしながら、そんな危険なテストができるわけがない、そんなことをすると周囲の住民が被爆してしまうと考え実施していないのでしょう。

しかしながら、そういう事態が発生しています。現状は対策の方法もわからず、手探りで考えられることを都度実施している状況です。当然でしょうテストしていないのですから。

 地震のプレート上にたくさんの原子力発電所が建設されている日本。悪いことは言わないので、今稼動中の原発も、徐々に稼動を落とし、火力や水力、あるいは他の発電方式に切り替え、最終的に原発は凍結すべきだと思います。

実際欧州の諸国は、脱原発で動いています。

« 原子力発電所 | トップページ | 原子力発電所③ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39234114

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所②:

« 原子力発電所 | トップページ | 原子力発電所③ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ