« 浅野勇さんの本 | トップページ | 宍戸公一さん »

2011年3月23日 (水)

廃炉を急げ

福島原発は放射能の爆発に伴う飛散を避けながら、廃炉にすべきです。

どんどん放射能被害が拡大しています。直ちに人体には影響がないかも知れませんが、農産物、海産物、畜産物、土、水、人の口に入るものがどんどん放射能を浴びています。

すでに農業、漁業への損失も甚大化しています。

 ただちに炉を廃棄して、今後のことを話し合うべきです。

 地震の多い島国である日本では、原発はそぐわないと思います。全国の原発も考え直すべきです。

リスクが多すぎます。原発推進派だった学識者も、そろそろ正直に危険であることを発言すべきです。それこそが科学者の良心です。

推進に向かって動いた方々も、この機会に自分の考えを再考すべきです。目の前のお金で推進派にまわったことを反省して欲しいのです。

 この状況を放置していると関東から人がいなくなる可能性も出てきます。政府・東電は賢明な決断を急ぐべきです。

« 浅野勇さんの本 | トップページ | 宍戸公一さん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39340297

この記事へのトラックバック一覧です: 廃炉を急げ:

« 浅野勇さんの本 | トップページ | 宍戸公一さん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ