« ゆすりの名人はどっちかな | トップページ | 帰宅困難者のみなさん »

2011年3月11日 (金)

コント55号の世界は笑う

いなくなって、初めてその面白さを実感したひと。坂上二郎さん。

小学校の5年だったか、こんな低俗な番組は見てはいけません、と言われたテレビ。

それはコント55号の野球拳。

野球拳といえば宴会の席で興ののった客が、芸者さんに促されて、えっちらおっちら、踊りながら最後にジャンケンで勝負。負けたほうが、服を1まいづつ脱いでいくという遊び。

これを当時、破竹の勢いだったキンちゃんジロさんが、派手なアクションでブラウン管の中でやったものだから、耳目を集めたものです。

二人のコントはどつき、とび蹴り、激しい動きでカメラマンは苦労したそうです。基本的なパターンはキンちゃんによる、ジローさんへの徹底的ないびり。

あのころ、日本は元気で、コント55号の勢いよろしく、どんどん成長していったものです。

 あのスタイルを踏襲したコントグループは、ドリフなきあと現在ではいません。

 今から20年前にも、同僚と飲みながら、あのころのコント55号はおもしろかったよなあ、と話し合ったことを思い出します。

ジローさん76歳。やすらかにお眠りください。ありがとうございました。

« ゆすりの名人はどっちかな | トップページ | 帰宅困難者のみなさん »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/39189662

この記事へのトラックバック一覧です: コント55号の世界は笑う:

« ゆすりの名人はどっちかな | トップページ | 帰宅困難者のみなさん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ